ランキングを見ると、話題になったアーティストや社会現象になった楽曲がランクインする結果に。

写真拡大

11月17日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日)で、“高校ダンス部が今踊っているヒット曲ランキング”が発表された。この日の「ミュージックステーション」は“ダンススペシャル”と銘打たれ、DanceFactでも紹介してきた「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」「DAOKO × 岡村靖幸」「MIYAVI × 三浦大知」「荻野目洋子 × 大阪府立登美丘高校ダンス部」など、ダンスパフォーマンスに注目したいアーティストが多く登場。かなりダンス色の濃い内容になっていた。

同番組の人気企画であるMステランキングでは、高校ダンス部の熱さをフィーチャー。果たして日本の高校ダンス部で踊られている楽曲とは? ランキング形式で改めて紹介!

■ 10位:Rising Sun / EXILE

番組内では、様々な高校の授業で踊られている曲で、手と足の動きが難しく、うまく踊らないとただコミカルに見えてしまうので注意が必要と紹介。この曲は東日本大震災の被災地の復興支援を目的としたチャリティーソングであり、めちゃイケで放送された“オカザイル”や、メンバーのUSAとTETSUYAが参加した“中学生Rising Sun Project〜夢の課外授業SPECIAL2015〜”の影響もあるためか、今なお踊り続けられている楽曲だ。

<紹介された高校>

常磐高校(第7回 全日本高等学校チームダンス選手権 全国大会出場)、京都文京高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

■ 9位:キミの夢は、ボクの夢。/ ポカリスウェットCM曲

ダンス動画を一般から募集するキャンペーンを行い、1週間で700作品以上が集まった。ダンス動画を投稿するとCMに使用されるチャンスがあるため、多くのダンス部員が投稿した。ここ数年、企業がプロモーションの一貫でダンス動画を利用することが多くなったように思う。一昔前では考えられなかったダンスと企業を結ぶコンテンツだ。

<紹介された高校>

長田高校、呉宮原高校(第7回 全日本高等学校チームダンス選手権 全国大会出場)、三島高校

■ 8位:インフルエンサー / 乃木坂46

番組内では、乃木坂46史上最高難度の高速ダンスが特徴で、真似しようとする高校生がたくさんいたが、難しさゆえ、独自の振りと組み合わせる高校生もいたと紹介。楽曲のタイトル通り、流行りを生み出すものに高校生は敏感だ。手振りが多いのとセクシーさもある振付なので、女子が真似したいと思う振付ではないだろうか。

<紹介された高校>

武蔵丘高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

■ 7位:ダンシング・ヒーロー / 荻野目洋子

番組内では、大阪府立登美丘高校ダンス部のバブリーダンスがキッカケで、様々なダンス部が楽曲を使用していると紹介。色々な振付でが多い。登美丘高校ダンス部のバブリーダンス以外にも、高校によってアクロバットや小道具を使うなど、同じ曲でもバリエーションが違う「ダンシング・ヒーロー」が踊られている。ランキングは7位であるが、高校生ダンス部がインフルエンサーになったという点では、今年一番の注目度だったといえるだろう

<紹介された高校>

光が丘女子高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)、昭和第一学園高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

■ 6位:Follow Me / E-girls

インタビューに答えた女子高生から「かわいい女の子たちがキレキレで踊るカッコかわいい曲」と評価を受けていた。大人数で曲もダンスもかっこよく、振付自体が人気であるため完コピするダンス部が多数。文化祭や卒業生を送る会とかで使われる定番曲で女子高生から圧倒的な人気を持っていると紹介された。E-girlsがブレイクするキッカケになった曲。やはり女子高生から支持を得るというのは、ブレイクするための必須要素なのかもしれない。

<紹介された高校>

世田谷総合高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 東日本大会入賞)、泉陽高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

■ 5位:R.Y.U.S.E.I. / 三代目 J Soul Brothers

インタビューに答えた女子高生から「ダンス部じゃなくてもすぐできたので真似しやすい」「完璧にやらなくてもみんなで踊れる」と評価を受けていた。メンバーのELLYが振付し、みんなで踊ってもらいたいということでダンスの基本ステップ・ランニングマンを間奏に使用している。この曲は、学生だけでなく大人も真似する人が多数。楽曲自体はキャッチーな曲ではなく、かっこいいサウンドであるが、ダンスひとつでキャッチーさを生んでしまうのだから、やはり振付が楽曲に与える影響力は強いというのを認識させられる楽曲だ。サビの振付は難しいが、ランニングマンさえ形になれば、真似できているという達成感を味わえるのも人気のひとつだろう。

<紹介された高校>

藤井高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

■ 4位:サイレントマジョリティー / 欅坂46

番組内では、振付師のTAKAHIROがダンス歴の浅いメンバーのために、腕のシンプルな動きだけで綺麗に見える振付を考案。高校ダンス部でも新入生の練習曲として使用されていると紹介。エッジの効いたアイドルグループとして、アンチテーゼな楽曲が多く、オンリーワンなパフォーマンスを見せる欅坂46は若者の人気も非常に高い。センセーショナルなデビューを飾ったこともあり、その注目度によるものもあるかもしれないが、やはり楽曲と振付が生み出す大人に逆らう感じは高校生の感覚を刺激するものがあるように思える。「高校生は大人が思っているほど子供じゃない」というメッセージがこのランキングから伝わるような結果だ。

<紹介された高校>

世田谷総合高校(第10回 全日本高校ダンス部選手権 東日本大会入賞)、精華女子高校高校(第10回 全日本高校ダンス部選手権 全国大会優秀賞)

■ 3位:恋 / 星野源

大ブームになった恋ダンスを生み出した、昨年の大ヒットソング。高校生の間にも広がり完コピする高校生が続出で独自の振付と組み合わせた高校もあると紹介。人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌で、主演の新垣結衣や星野源をはじめ、ドラマの出演者、有名人、一般層と、次々恋ダンスの動画が披露されていたことも記憶に新しい。振付は Perfumeの振付師であるMIKIKOが担当。決して簡単な振付ではないが、できた時の達成感が心地いいというのも人気のひとつかもしれない。“簡単=真似されやすい”の構図を覆した楽曲ともいえるだろう。

<紹介された高校>

山本高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会入賞)、豊田大谷高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)、久米田高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会優秀賞)

■ 2位:AGEHA / GENERATIONS

AbemaTVで放送されている「GENERATIONS高校TV」で企画された「AbemaTV 全国青春ダンスカップ」が開催され、優勝者は本人たちと一緒に踊れるチャンスがあるということで、全国の高校生たちがGENERATIONSの楽曲を踊ったと紹介。その中でもノリがいい「AGEHA」を踊る高校生が多く、完コピもあれば独自振付を混ぜる高校もあるようだ。これでランキング内にEXILE TRIBEから4つのグループがランクイン。ダンサーがアーティストになるという夢のプロセスを作り上げたLDHは、やはり高校生からもリスペクトが高いようだ。EXILE TRIBEもここ数年でグループが増えてきたが、GENERATIONSが一番地に足をつけつつ実績を残してきたグループだと思う。「GENERATIONS高校TV」ではダンス以外の部分でも高校生と関わりを持っている企画内容があるので、高校生からの人気もこれから伸びそうだ。

<紹介された高校>

益子芳星高校、三重高校(第5回 全日本高校ダンス部選手権 準優勝)

■ 1位:TT / TWICE

インタビューに答えた女子高生が「日本デビューして有名になったので盛り上がると思ってやった」と回答。TTポーズだけでなく、可愛らしい女性らしい動きや柔軟性を生かした動きなどポイントが多いので、女子部員からの圧倒的な支持だと紹介。今年10月に初の日本シングル「One More Time」をリリースして、オリコンウィークリーランキング1位を獲得したTWICE。やはり女子高生から圧倒的な人気を集めているようだ。TWICEの曲には、それぞれ特徴的なポーズや振付の“ポイントダンス”が取り入れられているが、そういった誰でもかわいく踊れるという要素が人気拡大に繋がっているように思える。ダンスができなくてもダンスの一部分を真似できるという部分では、最強のキャッチー製造機でありインフルエンサーといえるのではないだろうか。この曲ではないが、MixChannelという10代に人気の動画投稿アプリ内で開催された「TWICEダンスコンテスト」で、大阪府立登美丘高校ダンス部が優勝している。その理由は「TWICEに会いたかったから」ということだ。

<紹介された高校>

天童高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)、武蔵丘高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)、豊田大谷高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

ランキングを見ていると、話題になったアーティストや社会現象になった楽曲がランクインする結果に。学祭シーズンも真っ只中、年を越せば卒業や入学シーズンも待っているので、このランキングを参考に、次回踊るダンス曲を選んではいかがだろうか。(ザテレビジョン・文・NOZATATSU)