大迫力のメインビジュアル公開/(C)ONE・小学館/ドラマ「モブサイコ 100」製作委員会

写真拡大

濱田龍臣が超能力少年役で主演を務め、2018年1月18日(木)からスタートする「木ドラ25『モブサイコ100』」(テレビ東京ほか)に、波岡一喜と乃木坂46・与田祐希が出演することが分かった。

【写真を見る】原作にそっくり!おかっぱ頭の濱田龍臣/(C)ONE・小学館/ドラマ「モブサイコ 100」製作委員会

同ドラマはONEによる同名漫画を原作に、おかっぱ頭の内気な超能力少年・影山茂夫、通称モブ(濱田)の成長と壮大な超能力バトルを描く青春ドラマ。

モブの能力を都合よく利用し悪霊を退治させている自称・霊能力者の霊幻新隆役に波岡。そして、モブが恋心を抱く憧れの幼なじみ・高嶺ツボミを与田が演じる。乃木坂46の3期生として活動し、センターを務めたこともある与田は本作でドラマ初出演となる。

■ 波岡一喜コメント

最高に面白い漫画の、最高に魅力的なキャラクター、霊幻新隆を演じさせていただき、本当に光栄に思います。「自分なりの霊幻を」なんて、おこがましい事は言いません。原作に忠実に、原作ファンの方々の期待を裏切らないよう、丁寧に紳士的に演じたいと思います。必殺!ソルトスプラ〜ッシュ!

■ 与田祐希コメント

今回、ドラマ初挑戦でとても緊張しています。ツボミちゃんは言い間違いをするところなど、共感できるところがたくさんあってとても好きなキャラクターです。共演者の皆さまの良いところを一杯吸収して、精いっぱい頑張るのでぜひ楽しみにしてください!

■ 原作者・ONEコメント

実写ドラマになるなんてとても嬉しいです! 漫画版ともアニメ版とも違う、新しいモブサイコが見られそうで今から非常にワクワクしています。

■ 監督・坂本浩一コメント

原作、アニメファンがすごく多い作品なので、僕たちもどうやってドラマ化すればいいのかスタッフ、キャスト一丸となってファンの方からも支持いただけるような作品を目指しています。原作を知らない人もそうですし、原作ファンも含めて、ぜひ皆さんに見ていただきたいと思います。

独特な世界観をどう上手に現実世界に落とし込んでいくのかが一番悩みました。しかし現場で撮影を始めると、「お、これはいけるぞ」という自信に変わりました。

濱田君とは「ウルトラマンジード」(毎週土朝9:00-9:30テレビ東京系)に続き2回目の作品ですが、モブをやるに当たっても、濱田君ならではの面白さ、かわいらしさを出してきてくれています。

波岡さんは表情やしぐさ一つとっても “霊幻がいる”と思えるような形に表現してくれています。ファンの方が見たらビックリすると思います。与田さんも不思議な魅力を持った女の子で、独特の空気感がツボミちゃんにすごくマッチしています。

「モブサイコ100」、今までにないようなドラマになっていると思います。コメディーでありシリアスでもあり、青春物語でもあり、成長記でもあり、さまざまなものがミックスされています。

濃いキャラクター達が集まったことによって生み出される実写化ならではの面白さをぜひ楽しみにしていただきたいと思います。(ザテレビジョン)