これだけはチェック! 既婚者に聞いた「結婚して幸せになれる男性」のポイント7つ

写真拡大

付き合っているうちはどんな彼も優しく、彼女に嫌われまいと良いところを見せ、彼女のために頑張るものです。

簡単! 「男性の本質」を丸裸にする7つの質問

女性は優しく、自分のことを大切に思ってくれる男性に心惹かれるものですが、優しいだけで結婚はできません。

結婚となれば、優しさだけではなく「家族を守る力」や「経済力」も必要となります。

付き合っていればある程度は分かるものですが、ラブラブで付き合っているうちは、なかなかそれが見えないものです。

今回は、既婚者であるママ達に「結婚して幸せになれる男を見抜くポイント」について聞いてみました。

その内容は「ココが決め手で結婚に踏み切った」というものばかりです。

今回はその中から7つをご紹介します。

結婚して幸せになれる男を見抜く7つのポイント

彼は自分に優しいし、いつも自分を一番大切に思ってくれているから「この人と結婚すれば幸せになれる」という感情は、順調に付き合っていれば普通に抱くものです。

付き合うということは、相手のことが好きであり、相手のことを大切に思っていることが大前提ですから、その先の結婚を考えた場合も、優しさや相手を思う気持ちは最も大切であることに違いありません。

しかし、大切に思っている気持ちや優しさだけで結婚は出来ません。結婚は生活を共にし、家族となってお互いを支え合っていくものですから、優しさ以外にも必要なものは沢山あります。

では、結婚にはどんな力が必要で、どんなところを見抜く必要があるのでしょうか。既婚者の生の声は次の通りです。

どんな人にも優しいか

彼女や自分の親、親族に対して優しくできるのは当たり前。自分と関係のない人間、例えば仕事で接点のない人やお年寄りなどに対しても優しく接することができるかどうかは、その人の本質が見えます。

例えばデート中に店員さんの対応が気に入らず、見下した言葉や態度を示しているようなところが見られれば、それが彼の本性です。

本質を根本から変えることは不可能ですから、そういった彼と結婚をすれば、随所に本性が出ます。ここを重点的にチェックした既婚者も多いのです。

トラブル時の対応に好感が持てるか

平常時は優しくいい人でも、トラブルが発生した時に急変する男性はいるものです。

例えばトラブルといえば思いがけない顧客からのクレームですが、クレームを受けて誰かのせいにしたり、特定の人に責任を押し付けたり、オロオロして何もできない男性であれば、結婚してもトラブルがあるたび、あなたのせいにされるでしょう。

トラブル時に男として責任ある態度が取れるか。そこは家族を守れるかどうかに繋がりますから、よくチェックした方がよさそうです。

心にゆとりがあり、器が大きな男性か

世の女性達は「器が大きい男性と結婚したい」と心のどこかで思っているはずです。

器が小さな男性は心にゆとりがなく、自分のミスや他人のミスが許せず受け入れられないため、自分の非を認めず相手の非も跳ね除けてしまう傾向にあります。

それに比べ、器の大きな男性は心にゆとりがあるため、他人のちょっとしたミスもさりげなくフォローでき、一緒に解決に向けた動きができるものです。

相手の短所やダメな部分も普通に受け入れられるほどの器の大きさと心の余裕がなければ、家族を支えることは出来ません。

多くの既婚者がここを重要視していたことから、男性の器の大きさはチェックポイントとしては必須と言えますね。

自分をしっかり持っているか

他人の意見を尊重し、相手に合わせることは時によって必要ですが、流されてばかりでは家族を守れません。

ある程度自分というものをしっかりと持ち、ここだけは譲れない、というものを持っている男性は芯の強い男性とも言えます。

彼の強い信念に共感でき、それが正しいと思えるなら、一緒になって幸せになれるのだと多くの既婚者は言います。

しっかり時間を守り、スケジュール管理ができるか

デートの時によく遅刻をしてくる男性がいますよね。付き合っているうちは「いいよ、いいよ」と軽く流してしまいますが、よく遅刻をする男性は仕事でもそういう一面が出るものです。

例えばお客さんとの待ち合わせに遅刻したり、ダブルブッキングしてしまったり。

しっかりと時間管理やスケジュール管理ができるかどうかは、仕事ができるか出来ないかを見るものさしです。

仕事が出来ないのは、結婚後の収入にも大きく影響しますから、やめた方が無難だとママ達は声を揃えて言います。

子どもが好きか

子どもの好きな人に悪い人はいないと言われているほど、子ども好きな男性は女性にも好感を持たれやすいものです。

結婚して子どもが出来た時に、子ども好きであれば率先して面倒を見てくれそうと思いますが、単純に子ども好きだけで子育てはできません。

しかし、嫌いよりは好きな方が将来的に子どもが出来ても気持ちよく手伝ってくれるでしょうし、子どもが欲しいと思うならば、相手と同じ気持ちであることは重要です。

両親を大事にしているか

自分を大切に育ててくれた両親を大切にしているかどうかは、彼の家族に対する思いがそのまま出るものです。

両親を大切にしているようであれば、これから自分が作る家族も大切にできるということが考えられます。

また自分の両親だけではなく、義理の父母も大事にしてくれるかどうかの基準にもなりますから、結婚が家同士のつながりである以上、そこは重要チェックポイントと言えますね。

このように見てみると、既婚者の生の声は現実味がありますね。「好き」だけでは結婚できないことがよく分かります。

今回ご紹介したような7つのポイント全てを持ち合わせている男性はいないでしょうが、これだけは彼に持っていて欲しいというものをきちんと定め、見極めていった方が幸せな結婚ができることは間違いないようです。

最初から失敗を予測して結婚する人はいませんが、後悔はしたくないですよね。後悔をしないためにも、自分を幸せな結婚へと導く男性がどんな男性なのかを見抜く目を養いましょう。

1人でもたくさんの女性が、幸せな結婚ができるよう心からお祈りいたしております。