J2最終節のアディショナルタイムに決勝ゴールを決めた近藤直也(3番)【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

4-4-2への変更で始まった7連勝

 明治安田生命J2リーグ最終盤、驚異の7連勝で6位に滑り込み、J1昇格プレーオフの出場権を獲得したジェフユナイテッド千葉。リーグ戦の勝ち点こそ劣るものの、プレーオフ出場4クラブのなかでは最も勢いのあるチームと言えるだろう。フアン・エスナイデル監督率いるチームの勝負所での力強さはいかにして生まれたのか。長きにわたってジェフを取材する記者がその秘訣を読み解く。(取材・文:西部謙司)

----------

 7連勝の始まりは第36節ファジアーノ岡山戦だった。この試合からフォーメーションが4-4-2へ変わっている。前節の京都サンガ戦までの4-3-3から変更した理由はそのときのメンバーの都合だった。フアン・エスナイデル監督は「自分は4-3-3のほうが好み」と話していたので仕方なしの変更である。

 ところが、それが上手くいった。ラリベイの少し後ろでセカンドトップとなった船山貴之が水を得た魚のように調子を上げ、佐藤勇人と矢田旭の2ボランチがこぼれ球を拾って組み立てられるようになった。この2つが重要な変化である。

 船山はセンターにポジションを移したことでカウンターアタックの起点になった。サイドでは少し窮屈そうにしていたのが、方向を限定されない中央に入ったことでボールを一気に運ぶ推進力が生きた。船山の活用によって、ジェフユナイテッド千葉に欠けていた速攻が明確な武器になっていった。

 1ボランチから2ボランチへの変化はセカンドボールの支配につながった。J2の多くのチームは前線を1トップ+2シャドーで構成している。1トップにロングボールを打ち込み、こぼれ球を2シャドーが拾って攻めの形を作る。

 4-3-3のときの千葉は、1ボランチなのでこぼれ球を拾うのに不利だった。おまけに異常なほどのハイラインなので相手の2シャドーにボールを拾われるとピンチに直結する。ボランチが2枚に増えたことで簡単にこぼれ球を拾われにくくなり、たとえ拾われてもディフェンスラインの手前でプレッシャーはかけられる。

 それまでゴーイングマイウェイで、相手への対策をこれといってしてこなかったのが、期せずしてロングボール対応ができるようになった。

 岡山を3-1で下すと、松本山雅を5-1で粉砕して2連勝。ただ、ここまではホームゲーム。それまでもホームでは圧倒的に強かったので、この時点でまだ安心はできなかった。

ホームで強くアウェイで弱かった理由。克服した苦手

 アウェイは九州勢との連戦。アビスパ福岡戦(第38節)に1-0で勝利したのは大きなポイントだった。

 千葉がホームで強くアウェイで弱かったのには理由がある。プレースタイル自体はホームでもアウェイでも同じだった。同じだから勝てなかったといえる。およそボールを支配して攻め込むが、アウェイでは攻めきれないうちに失点して敗れる試合が続いていた。

 千葉は極端なハイプレス&ハイラインの戦法なので失点のリスクは常にある。しかし相手に守備を固められてしまうとそう簡単に点は取れない。ホームアドバンテージのないアウェイでは、自らの戦術による負荷に耐えきれない状態にあった。

 福岡には空中戦に滅法強いウェリントンがいる。千葉がハイプレスで前のめりになったところでロングボールを打ち込めば、ウェリントンが競り落としたボールを拾える。福岡にとってみれば千葉はやりやすい相手だったはずだ。

 しかし、千葉は何とか持ちこたえた。福岡が2つのPKを外すという幸運にも恵まれた。ただ、ロングボールへの耐性をつけ、カウンターからの1点を守り抜いた勝利はそれまでにない勝ち方だった。

 続くアウェイの大分トリニータにも2-1。これまで相手に引かれると点がとれない千葉だったが、逆に引いてしまうと相手が困っていた。そもそもJ2にロングボール多用のチームが多いのは引かれてしまうと崩せないからだ。

 ロングボールなら、どうやって崩すかという問題に向き合わないですむ。その課題に向き合って苦闘していた千葉が、ふと同じ問いを投げかけてみれば相手は沈黙するだけだった。

型を守り型から離れる。指示とは違う判断をする余裕が

 第40節はホームに戻って町田ゼルビアに2-1、これで5連勝。第41節の名古屋グランパス戦では今季最高のプレーを披露している。

 名古屋はそれまでの相手とは違っていた。ロングボールはあまり使わないし、引かれたら崩せないチームでもない。ただ、千葉にとっては相性の悪い相手ではなかった。第3節にホームで対戦したときは2-0で快勝している。

 パスをつないでくるのでハイプレスがはまりやすい。ハイプレスが空転すれば大崩れの危険もあるが、真っ向から攻め合って敗れるなら仕方がないというのがエスナイデル監督の考え方である。名古屋ほど気持ち良く戦える相手はないのだ。

 二度目の対戦は3-0、圧勝だった。名古屋のパスワークを自陣からプレスで押し返し、GKへバックパスさせるなど、高いインテンシティで名古屋のテクニックを押しつぶしている。

 為田大貴のドリブル、ラリベイの高さ、船山や町田也真人の速さなど、個の攻撃力も存分に発揮した。エスナイデル監督が感動のあまり試合中に泣くほどのパフォーマンスを見せつける。

 ホームでの最終戦、プレーオフ出場の可能性は小さかった。試合も開始早々にオウンゴールで横浜FCにリードを許してしまう。しかし千葉には勢いがあった。

 前半に1点を返すと猛攻を続け、ロスタイムにCKから近藤直也のヘディングシュートで2-1と勝利をもぎとる。他会場では松本山雅が敗れ、東京ヴェルディと徳島ヴォルティスの試合に決着がつくという幸運が重なってプレーオフへ滑り込むことができた。

「チームは私の要求にほぼ応えているし、私の言うことだけをやっているわけではない」(エスナイデル監督)

 奇抜な戦術を自分たちのモノにした選手たちには、監督の指示とは違う判断をする余裕が生まれていた。ときに監督を無視する。それは監督自身が望んでいたことだ。時間はかかったがチームは次のステージへ進化していた。

(取材・文:西部謙司)

text by 西部謙司