黒柳徹子、ついに女優デビュー!大スターも登場する新展開『トットちゃん』

写真拡大

松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系、毎週月〜金曜12:30〜12:50)。11月22日放送の第38話からは、清野演じるヒロイン・徹子が、ついに女優としての第一歩を踏み出す。

本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。

11月21日放送の第37話では、徹子がNHK専属テレビ女優に合格したことが描かれた。しかし、かつてトモエ学園で「みんな一緒だよ」と習ってきた徹子は、「自分が合格したということは誰かを蹴落としたということなのか」と、喜ぶどころか悩んでしまう。

そして今週は、豪華ゲストたちの登場が大きな見どころの一つとなっている。第38話には、講師の河毛博役でディーン・フジオカが。23日放送の第39話には高橋克典が、徹子の運命を大きく変える劇作家・飯沢匡役で登場する。そして、24日放送の第40話以降では、女優の道を歩き出した徹子の前に、森繁久彌(近藤真彦)、渥美清(山崎樹範)、沢村貞子(浅野ゆう子)といった大スターたちが現れる。

いよいよ華やかなテレビジョンの世界が幕を開ける『トットちゃん!』。テレビ草創期、徹子の周りでどんなドラマがあったのか?