【恋愛コラム/モデルプレス】人生の中でも大きな決断である「結婚」ですが、本当に結婚するかどうか悩んでいる人もいるでしょう。特に彼と長く付き合っていると、何か決め手がないと結婚に踏み切れないと考えている人も少なくないはず。そこで今回は、実際に結婚している人にその決め手となったエピソードを聞いてみました。

【他の記事を見る】男性に「会いたい」と思わせる女性5つの小悪魔テクニック

♥「ずっと味方だから」と言われた


「旦那は職場の同期で2年位の付き合いでした。ある時部署で仕事のミスが見つかった時、なぜかその仕事に関わっていない私のせいにされたんです。その時旦那が『ずっと味方だから』と言ってくれて、会社でも私をずっとかばってくれました。結局誤解は解けて、私はそんな頼もしい言葉をくれるこの人と結婚したいって思ったんです」(27歳/主婦)

心細い時や辛い時に必ず味方になってくれる人がいるという安心感は、とても大きな心の支えになります。

言葉で味方であることを伝えて行動でもそれを示してくれたら、結婚したいという決め手になっても不思議ではありませんね。

もしも彼から結婚の2文字を引き出したいのであれば、あなたの方から「ずっと味方だから」という言葉を投げかけて将来を見据えていることをアピールしてみましょう。

♥ブライダルフェアデートをした


「何となくズルズルと付き合ってたら6年くらい経っていて、結婚も決め手がなくて先送り状態だったんだ。ある時友達が勤めている結婚式場のブライダルフェアに誘われていったら、なぜか私より彼がその気になって。そんな彼を見て、私も結婚しても良いかもって思った」(30歳/介護士)

長い付き合いだとキッカケや決め手がなく、何となく結婚できずにいるというカップルも少なくありません。

だから無理矢理でも結婚を想像するような場所や物に触れて、その気持ちを大きくするというのは大事なことなのかも。

たまにはブライダルフェアデートを提案して、彼に結婚を意識させてみても良いかもしれません。

♥結婚生活が簡単に想像できたのが決め手


「旦那とは付き合ってすぐに結婚を意識してたわ。それまでは長く付き合っても結婚したいと思う人がいなかったけど、なぜか旦那は簡単に結婚生活が想像できたのね。それが決め手だったわ。旦那も同じこと思っていたみたい運命だったのかも」(28歳/ネイリスト)

将来一緒にいるビジョンや希望が見えたのなら、それは運命の相手だからなのかも…?

結婚を想像できる相手というのはなかなか巡り会えないはずなので、こういう男性がいるのなら逃さないようにしましょう。

想像通りの生活が送れるかどうかはまた別問題になってきますが、想像できるということはそれだけ何らかのフィーリングが合う部分があったからでしょうか。

♥決め手は好きなものを分けてくれたこと


「人に話すと不思議がられるんですが、結婚の決め手って食事だったんです。それまで付き合った人って、食事をするとその彼が苦手な食べ物はくれるんですが好きな食べ物はくれないんです。それも別に気にしてはいなかったんですけど、夫は自分の好きなものを私にくれたんですよね。『美味しいから食べて』って。なんかそれが凄くぐっと来て」(32歳/主婦)

些細なことかもしれませんが、とても素敵なエピソードではないでしょうか。

嫌いなものをあげるのではなく好きなものあげるというのは、相手のことを思っているからこそできること。

嫌いなもの一緒だと仲良くなれるとはよく聞きますが、好きなものを分け合うのはまた違った愛の形なのかもしれませんね。

♥別れるか結婚かを考えた時に


「付き合って4年目くらいの時に、彼の転勤が決まって飛行機で行く距離に引っ越すことになったの。その時彼が遠距離は無理だから、結婚してついてくるか別れようって言ってきたんだよね。凄く考えたけど、やっぱりずっと一緒にいたいのは彼だって思って結婚を決めたの」(34歳/販売)

彼と離れ離れになるか結婚するか、究極の選択を迫られたらどう思うでしょうか?

別れたくないという気持ちが決め手になったのなら、この先もその気持ちのままでいられる可能性も高いかも。

このような究極の選択で彼を選べるということは、それだけ彼と一緒に人生を歩んでいきたいという強い気持ちがあったからかもしれませんね。

♥病気の時の対応を見て


「決め手は私が風邪でダウンした時の旦那を見てでしょうか…。一度急な発熱で動けなくなってしまって、まだお互い別々に住んでいたんですが頼れる人がいなくて彼に助けを求めたんです。そうしたら薬や食事の準備から看病まで真剣にやってくれて、心を掴まれちゃいましたね。きっと子供にもこうしてくれるんだろうなって」(29歳/保育士)

病気の時は心細く辛いため、そんな時に素晴らしい行動をしてくれたら結婚の決め手になるのは当然かもしれません。

将来同じことが起きても安心だと思えるので、不安を減らして結婚をしようと思うことができるようになるのかも。

いかがでしたか?

結婚の決め手になったのは、一緒にいたいとか頼りたいと思ったキッカケのエピソードが多い印象でした。

長い年月を共にする相手ですから、慎重に選びたいという気持ちもあるでしょう。

しかし決め手になるような出来事があったのなら、早々に決断したほうが幸せになれるのかもしれませんね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】