ジェルウィン・アンカハス、井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

3度目の防衛に成功したアンカハス…専門メディアは「スマートで規律正しい」と評価

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、12月30日に横浜文化体育館で同級7位ヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に臨む。来年2月に米国で計画されている「Superfly2」への参戦も期待されるが、米メディアはその圧倒的な強さについて「ボクシンググローブを着けた誰が相手でも、イノウエの今後数年の試合は見逃してはいけない」と称賛している。

「The Monster」の強さが改めて紹介されたのは、意外にも「プリティボーイ」の異名を持つフィリピン人王者の特集記事だった。

 米専門サイト「ボクシングシーン.com」は、「ジェルウィン・アンカハス―旅する男が再びロードに」という見出しで、井上との対戦の可能性も取り沙汰されていたIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)にスポットライトを当てている。

 フィリピンの英雄マニー・パッキャオが運営するMPプロモーションズに所属するアンカハスは、現地時間18日に北アイルランドで行われたジェイミー・コンラン(英国)とのタイトルマッチで6回KO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した。

 それでも、記事では「彼はフィリピンの英雄の座を継承することはないだろう。(パッキャオほど)センセーショナルでなければ、凶暴でも、ランク争いで輝くこともない」と厳しく分析。しかし、その一方で、ファイティングスタイルについては「スマートで規律正しい。技術がしっかりしている」と言及している。

井上はスーパーフライ級でも別格か「誰が相手でも今後数年は見逃してはいけない」

 また記事では、パッキャオの薫陶を受けたアンカハスを「このサウスポーは彼の階級ならどの相手にも素晴らしいマッチアップになる」と評価。ビッグマッチ実現も期待されるなか、ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)相手ならメンタルとフィジカル両面で厳しい戦いとなり、WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールビンサイ(タイ)相手の場合はパワーとフィジカルの強さとアンカハスの洗練されたジャブの戦いになると分析しているが、井上については別格のようだ。

「来年2月に視線を向ければ、ジュニアバンタム級(あるいはスーパーフライ級)には米国で再び巨大なスポットライトが当たることになる。シーサケット・ソールンビサイとフアン・フランシスコ・エストラーダとのWBCタイトルマッチの指名試合に注目が集まるが、WBO王者のナオヤ・イノウエ戦も再び行われるかもしれない。ボクシンググローブを着けた誰が相手でも、イノウエの今後数年の試合は見逃してはいけない」

 記事では、今年9月にスーパーフライ級の実力者が一堂に会した祭典「Superfly」でアントニオ・ニエベス(米国)を6回TKOで撃破し、鮮烈な米デビュー戦を飾った井上の「Superfly2」参戦を展望。井上の試合は、対戦相手にかかわらず“必見”としている。

「プリティボーイ」のビッグマッチ実現の行方を含め、井上の今後の戦いから目が離せない。