「いま、会いにゆきます」のワンシーン(配給会社提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】俳優ソ・ジソブと女優ソン・イェジン主演の韓国映画「いま、会いにゆきます」(仮題)が先ごろ3カ月間の撮影を終えた。配給会社が22日、伝えた。来年公開される予定だ。

 同作は日本の作家、市川拓司の同名小説が原作。1年後の雨の季節に戻ってくるという言葉を残して亡くなったスア(ソン・イェジン)が、記憶を失った状態で夫のウジン(ソ・ジソブ)と息子の前に再び現れてからの物語を描く。

 ソ・ジソブと映画初共演となったソン・イェジンは「撮影でこんなに心が躍ったのは本当に久しぶりだった」とコメントし、作品への期待をのぞかせた。