『わろてんか』第46話では、風太(濱田岳)がてん(葵わかな)に“不幸な知らせ”を

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第46話では、てん(葵わかな)の元へ風太(濱田岳)がある知らせを持って現れる。

参考:高橋一生の演技は、なぜもっと観たくなるのか? 『おんな城主 直虎』柴咲コウとの名コンビを読む

 第45話では、伊能(高橋一生)の発案により、昼興行を始めた風鳥亭は客足も伸び、てんは藤吉(松坂桃李)の寄席経営を支え充実した日々が描かれた。第46話では、いつもと違う暗くて無口な風太が突然現れ、てんの父・儀兵衛(遠藤憲一)について話し始める。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性・藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、広瀬アリス、徳永えり、大野拓朗、前野朋哉、兵藤大樹、藤井隆、内場勝則、高橋一生、鈴木保奈美、鈴木京香、竹下景子、遠藤憲一らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)