河本ほむら原作、尚村透作画のコミック『賭ケグイル』が実写ドラマ化され、2018年1月からMBS/TBSドラマイズム枠で放送されることが決定した。

参考:西野七瀬『あさひなぐ』は乃木坂46を“苦悩”から救う? 『悲しみの忘れ方〜』との関係を読む

 本作は、ギャンブルの強さで生徒の階級が決まる学園を舞台に、リスクを負うことに快感を覚える蛇喰夢子を描いた学園ドラマ。常軌を逸したギャンブルに身を投じる個性豊かな“賭け狂った”キャラクター達と「投票じゃんけん」「ダブル神経衰弱」「二枚インディアンポーカー」など完成度の高いオリジナルゲームで人気を博す原作コミックは、「賭ケグルイ双」「賭ケグルイ妄」などサブキャラクターを主役にしたスピンオフ作品も生み出されシリーズ累計370万部を突破している。

 今回の実写化にあたり、原作の河本ほむらは「『賭ケグルイ』は僕の好きなものを詰め込んだ漫画です。それをまさか実写で見られるなんて。とても光栄だし、望外の喜びです」と喜びのコメントを寄せ、作画担当の尚村透も「河本さんに原作をいただき、毎日描き続けてきた夢子たちがアニメになって今度は実写になるなんて……!吉報に滾りながら原稿を描いています」と期待に胸を躍らせるコメントとともに、夢子が描かれた「祝・実写化」のイラストを寄せた。

 ドラマの監督を務めるのは『ヒロイン失格』『あさひなぐ』などの英勉。「ボクの中で夢子ちゃんが賭ケグルイ、鈴井くんがガチ挙動り、芽亜里ちゃんが叫びまくり、滾ってしまいます状態です」と、本作への意気込みを語った。(リアルサウンド編集部)