売れない演歌歌手・五木みさおを演じている浜野謙太/(C)NHK

写真拡大

NHK BSプレミアムで放送されているプレミアムドラマ「男の操」(毎週日曜夜10:00-10:50)は、業田良家の漫画を原作にした人情コメディー。さえない演歌歌手・五木みさお(浜野謙太)が、1人娘のあわれ(粟野咲莉)に支えられながら紅白歌合戦を目指す物語を描く。

【写真を見る】豪華な共演者に囲まれる浜野謙太の気持ちとは?/(C)NHK

主演を務める浜野は、自身もバンド「在日ファンク」でボーカルを務める歌手。今作では、演歌の歌い方に苦労することも多かったという。そんな浜野にインタビューを行い、出演が決まった時の心境や、役柄との共通点を聞いた。

■ 主役のオファーに最初は尻込みしていました

――最初に主演の話が来た時の気持ちは?

最初は尻込みしました。

この企画を聞いた時には、普段脇の人を主演にして、小手先でちょっと面白い感じにする“イロモノ”のドラマということもあり得そうだなと思っちゃって…そういうものだったら嫌だなって思ったんです。

それに、僕が主役を張って、皆さんがちゃんと見てくれるものにできる自信もなかったですし。だから、歌う演技をするに当たって、歌唱指導をしてほしいということや、撮影期間もしっかり長くとってほしいということを伝えたら、僕が言わなくても最初からじっくり時間をかけて撮るちゃんとしたドラマの企画だったんです(笑)。

それを聞いて、「じゃあ、不安はありますけど、頑張ってやります」とオファーを受けました。

――不安も大きかったんですね。

はい。さらに、共演する方々のお名前を聞いたら豪華過ぎて、どんどん「大丈夫かな…」と不安も膨らんで…。

でも、なんか「このキャスティングの感じ、いいなぁ」と思ったりしました。

――それはどういう感じのことでしょうか?

主演があまりにもすごい人だと、周りが薄くなっちゃうけど、僕みたいにそこそこの役者が主演して、周りに主役級の人たちが出たらみんなが引き立ってなんかいいなと思いました。そういうキャスティングをするスタッフさんたちがすごく優秀ですよね。こういうこと言うのはあまり良くないんですかね?(笑)

今後、ゲストでもすごくいい俳優さんたちが出演するんですよ。だから毎回、幸せだなと、やっていて楽しいなと思っています。

――出演の決め手には業田良家さんの原作もあったとのことですが、業田さんの漫画の魅力はどういうところだと思いますか?

裏切られ方ですかね。ストーリーが本当に素晴らしくて、最初は小さなギャグを連発する物語だったはずが、壮大な結末に向かっていくんですけど、それでいて無理な展開ではないんです。その「してやられた!」感に、最初読んだ時感動しました。

みさおは周りに素晴らしい人間がいてうらやましいな思いましたし、それにみさお自身もかわいらしいんですよね。だから、「この人になりたい」と素直に思えました。

――みさおのかわいいところはどういうところでしょうか?

どこなんですかね? ちゃんと筋を立てようとして頑張る人なんですけど、人並みにしっかりしていなくて欠落している部分があって、それを支えてくれる人たちがいて。みさお自身にもそうやって支えてもらえる愛嬌(あいきょう)があるんですよ。

そういう欠けている部分がかわいいのかもしれないですね。

僕がみさおのように愛嬌があるのかは分かりませんが、僕もやっぱり知らず知らずのうちにいろんな人に支えてもらっているんだなということを、この原作と台本を読んで痛感しました。

――登場人物に完璧な人がいないということもドラマの特徴かもしれないですね。

そうですね。誰が劣っているとか、誰かがすごく秀でているということがなくて、そのバランスがいいなと思いますね。

あ、でもみさおの妻の純子(倉科カナ)は完璧に近いですね。まぁ彼女は半分ファンタジーの人間ですけど。

■ 不思議な状況を怖がり過ぎない

――純子はすでに亡くなっていながら、病床で残した大量のビデオメッセージを通して、みさおやあわれと会話を繰り広げるという特殊なキャラクターですよね。演技する上で気を付けたのはどんな部分でしたか?

ビデオの中の純子と、まるで生きているみたいに会話をするので不思議な感覚でした。でも、ふと「これはビデオだよ」と言うようなせりふもあるので、監督と「どういう温度感で会話したらいいですか?」という相談を何回かしました。

純子が「紅白出ろ〜!」と怖い感じでビデオの中からみさおとあわれに言ってくる場面があるんですが、そういう時にせりふでは「ぎゃーーー!」って書いてあるんです。でも「本当に怖がらないでください」と言われて。

状況が不思議ではあるんだけど、純子のことを受け入れ過ぎても、受け入れなさ過ぎても面白くないので、バランスが難しかったです。そこは細かく絶妙なところを演技するようにしました。

――あわれを演じている粟野さんと相談することもあったんですか?

いや、演技の話をしてくれないんですよ。「あなたはあなたの演技をして」って言われました(笑)。ちょっとした空き時間にお芝居を練習させてってお願いしたら「やだ。パパ上ちゃんと覚えてきて? 10回練習してね?」って言われたりして、彼女は自立した女優さんでした。

そんなふうに、演技に入るとせりふも完璧だし、料理もできたりしてすごいのに、カットかかると普通に子供なんですよ(笑)。それがかわいいなと思いました。そういう咲莉ちゃんと接するのも楽しかったです。

――実生活でも2人のお子さんがいますが、あわれとみさおの関係のように応援されているんですか?

そうですね。この子たちに支えてもらっているなという感覚がすごくあります。

最近は、ドラマの撮影もライブもあるので、子供が寝ているうちに家を出て、寝た後に帰るような生活なんですけど…。

でも先日、ライブを夜遅くまでやって、ちょっとお酒も飲んで夜中に帰ったら息子が突然起きてきて抱き締めてくれたんです。子供が僕に会えていないことを気にしてくれている気持ちを感じて、なんだか不思議でした。「ありがとう」ってすごく思いましたね。

みさおに関して言えば、ちょっとあわれに支えられ過ぎていますけど(笑)。でもそのくらい子供の方が分かっていて支えてくれていることもあるのだろうなと思いますね。

ドラマの中で、実生活の僕の子供との接し方が現れる部分もありました。

■ 参考にしたのは演歌界のナイスガイ!

――演歌を歌う上で、同世代の歌手の方を参考にしていたんですか?

はい。もう三山ひろしさんばっかり聞いていて、現場では三山さんの曲がずーっと流れていました。歌い方もいいんですけど、彼は立ち居振る舞いもナイスガイなんです。

それに、僕の好きなジェームス・ブラウンに見えなくもないんですよ。ちょっと顔の濃さがジェームス・ブラウンぽくて。

――歌唱指導では、具体的にはどういったことを言われましたか?

僕はバンドで“ファンク”をやっているので、洋楽寄りの発声なんです。歌唱指導の先生に、「まずはそれをゼロにしてください」と言われましたね。結構、厳しく歌い方を矯正してくださいました。「まだファンク出ちゃってる」って言われながら(笑)。

その後は、「青空だったら青空を見て、月に向かう時は月に助走をつけて行く感じで」っていうこととか、「ここまでは自分の嘆きだけど、ここからはお母さんからもらったお話だからほっこりする」など、歌詞を分析しながら世界観を表現するということを教えていただきました。

歌唱のテクニックでいうと、演歌の“い”は引くんです。ただ、引くだけじゃなくて「過去に引っ張られながら」歌うっていうんですよ。そういう演歌の感情を乗せる歌い方はすごく面白いなと思いました。

最初、「歌に真心を込める」と言われても全然分からなかったんですけど、そういう指導をしてもらいながら、何となく言っていることが分かってきました。

日本語の響きや言葉をしっかり伝えるという“姿勢”のことなんだろうなと、今はそう思いながら歌っています。

キャスト全員がその指導を受けているので、歌のシーンは皆さん楽しみにしていてください。(ザテレビジョン)