Amazon.co.jpが、オンラインストレージサービス「Amazon Drive」の容量無制限プラン「Unlimitedストレージプラン」の提供を、11月20日に終了しました。プライム・フォトは継続して無制限で利用できます。

無制限と同額は1TBプラン

Amazon Driveは、比較的安い料金で大容量が使えることが支持されており、iPhoneやiPadから複数のクラウドストレージを横断してファイル操作ができるiOS11の新機能「ファイル」にも対応しています。
 
容量無制限の「Unlimitedストレージプラン」終了後は、年額2,490円で100GBから、年額414,000円で30TBの13種類のプランが提供されています。
 
従来のUnlimitedストレージプランと同額の年13,800円だと、1TBプランが利用可能です。
 


 
画像ファイルを無制限に保存できるプライム会員向けサービスのプライム・フォトは引き続き提供されます。

契約期間終了後、保存容量1TB未満なら1TBプランに自動移行

現時点でUnlimitedストレージを利用している場合、プラン期間の終了までは現在の契約内容で継続利用が可能です。現在の契約期間終了後は、利用者が自動更新をOFFにしている場合を除いて、保存されているファイル容量が1TB未満の場合は1TBプランに移行されます。
 
1TB以上のファイルを保存している場合や、自動更新をOFFにしている場合、1TBプランに自動移行されることはなく、利用者が移行先のプランを選択する必要があります。
 
なお、契約容量を超過した状態で180日が経過すると、契約者に通知の上、最近アップロードしたファイルから順に、ファイルが削除されます。

海外版は先行して終了

海外版のUnlimitedストレージプランは、2017年6月に提供が終了しており、日本での提供終了も時間の問題とみられていました。
 
このほか、容量無制限のクラウドストレージサービスは、MIcrosoftのOneDriveなどが提供を終了しています。

 
 
Source:「Amazon DriveのUnlimitedストレージからの移行について」 via ITmedia
(hato)

 
 

使い方をわかりやすく徹底解説!iOS11関連記事

iOS11でバッテリー消費を改善する6つの方法iOS11で戸惑う、11の変化と対処法iOS11新機能 使い方解説記事まとめ!