前節終了時点での松本山雅の順位は、J1昇格プレーオフ圏外の7位。にもかかわらず、松本が最終節で勝てば、自力でプレーオフ進出を決められる状況にあったのは、同5位の徳島ヴォルティスと同6位の東京ヴェルディが、直接対決でつぶし合うからだった。

 他会場の経過を気にする必要はなく、松本は目の前の敵を倒しさえすれば、J1昇格への可能性を残すことができた。

 しかし、松本は勝てなかった。京都サンガに0-1で敗れ、8位という成績で今季を終えた。巡ってきたチャンスを生かすことはできなかった。

「シーズンを象徴するようなところがあった」

 松本の反町康治監督は、夢絶たれた最終戦をそう表現した。この試合に象徴された「今季の松本」とは、どんなものだったのか。ひと言で言うなら、「勝負強さに欠けた」ということになるのだろう。

 まずは、勝負どころでの得点力不足。「最後の崩しのところでアイデアが足りない」と語る反町監督が特に強調したのは、「我々はラスト15分で、(J2最下位の)ザスパクサツ群馬の次に点を取れていないチーム」だということだった。実際、この試合でも1点ビハインドの終盤では、長身のDF飯田真輝を前線に上げ、FW鈴木武蔵を交代投入し、パワープレーに打って出たが、同点ゴールはならなかった。指揮官は言う。

「(今季の松本は)最後の最後で点を取れるチームではなかった」

 そして、もうひとつが失点の増加。特に”安易な”失点の増加である。京都戦での失点も「慌てる必要のないところで、相手に(クリアを)当ててしまった」と反町監督。相手FKを競り合ったボールがゴール前にこぼれ、いくらかごちゃついた展開になってはいたが、問題なくクリアできる場面だった。しかし、2度にわたってボールを大きく蹴り出すことができずに相手に渡してしまい、シュートを叩き込まれた。

 反町監督はシーズン途中、この現象を「あっさり失点病」と称して嘆いていたが、最終戦でも恐れていた病が発症してしまったわけだ。

 何でもない場面で失点してしまい、反撃に転ずるも1点が遠い。キャプテンの飯田も「(京都戦について)どんな話をしても、『今年の山雅だよね』ということになってしまう」と振り返った。

 残念ながら今季の松本には、土壇場で勝負強さを発揮するための要素がそろっていなかった、ということになるのだろう。

 松本にとっては、2年連続での”惜敗”である。

 ギリギリのところでJ1自動昇格に手が届かず、プレーオフでも試合終了間際の失点で敗れた昨季に続き、今季はプレーオフ進出を目前で逃した。「勝負強さに欠けた」と言ってしまえばそれまでだが、上位争いを続けてきた長いシーズンの締めくくりとしては、あまりに酷な結末だった。

 だが、この結果を不運な悲劇として片づけてしまえば、次にはつながらない。「いい形で有終の美を飾りたかったが、今年はそういう実力しかなかったということだろう」という反町監督の言葉は、おそらく的を射ている。

 2012年にJ2昇格から6シーズン。その間にはJ1昇格も果たした松本だが、クラブの強化における第一段階は終了し、次のステップへと進むときに来ていると言えるだろう。

 技術的には粗削りでも惜しみなく走れる選手をそろえ、堅守をベースにカウンターやセットプレーで効率よく得点を奪う。反町監督は現実的な手段で”勝てるチーム”を作り上げ、J2参入からわずか3シーズンでJ1行きのキップを手にした。

 しかし、そんなサッカーで勝ち続けることも、限界に近づいているのは間違いない。MF工藤浩平は語る。

「(松本は)最後までやり切る走力とか、そういうことを武器にするチームだが、J2もレベルが上がり、それだけでは勝てなくなっている。出し惜しみしている選手はいなくても、負けるとそういう部分(走れているかどうか)だけが目立ってしまうが、最後まで諦めないのは大前提で、そこにプラスアルファをどうするかを考えなければいけない」

 泥臭く走り続け、相手を運動量で上回ろうという姿勢は「山雅らしさ」として定着した一方で、勝てば「今日はよく走った」、負ければ「今日は走れなかった」で結論づけられることが多くなった。

 だが、工藤が言うように、負けたからといって必ずしも走っていなかったわけではないし、よく走ったから勝てたわけでもない。

 3年前はJ2で2位となり、J1昇格。昨季にしても、例年なら自動昇格に値する勝ち点84を挙げ、3位となった。そんな成果のベースに走力や運動量があったのは確かだが、走り勝てた頃の強さを取り戻そうとするだけでは、もはや前進は見込めない。

 反町監督は、今季躍進したV・ファーレン長崎やジェフ千葉を例に挙げ、「我々は昨年の成績でそのままいけば(J1に昇格できる)という感じだったが、他のクラブは資金繰りも含め、本当に必死でやっている」と言う。その一方で自らの現状について、「昨年と同じメンバーでやっていて、平均年齢は30歳。平行線のままやらなければいけないのはツラかった。新しい血が化学変化を起こすが、我々には刺激が少なく、他のクラブの刺激に圧倒されるシーズンだった」と振り返った。

 いつまでも過去を懐かしみ、もっと走れと尻を叩くだけでは、ジリ貧になるのは目に見えている。来季に向け、松本に変革が求められていることは間違いない。「人」を変えるのか。あるいは、「やり方」を変えるのか。

 当然、船頭を変えるのはひとつの手だろう。2年連続でJ1昇格を逃したことは、その理由としてそれなりに正当性もある。

 とはいえ、今の松本を見ていると、せっかく築き上げた反町監督との関係を解消してしまうのはもったいないように思える。まして反町監督は、決して恵まれた環境にあるとは言えないクラブをJ1昇格まで導いた知将である。今までのアプローチとは異なる、次なる一手にも十分期待できるはずだ。

 加えて、ズバズバとものを言う人である。憎まれ口を利きながらも、松本が強くなるために何が必要なのか。単にピッチ上のことだけでなく、選手育成や練習環境なども含めてさまざまなアイデアを出してくれるに違いない。

 Jリーグでは昨今、監督に見切りをつけるのが早くなったように感じられる。それどころか、悪く言えば、はじめから見切りをつけやすい監督を選んでいるのではないか、と思えてしまうケースもあるほどだ。

 正直、この戦力でこの成績は、はたして監督の責任なのだろうかと、疑問に感じる解任劇もあるが、そうは言っても、期待された成績が出ていないにもかかわらず監督を据え置くことの難しさは当然あるだろう。場合によっては、不満を募らせたサポーターが試合後のスタンドに居座ったり、選手のバスを取り囲んだりといった騒動が起きることも珍しくない。


松本山雅にはチームをサポートする、温かいファンがいる

 だが、松本は違う。

 京都戦が今季のホーム最終戦とあって、試合後は反町監督らがサポーターに向けて挨拶を行なったが、スタンドの反応は極めて温かかった。その後に選手、スタッフが場内一周したときも、スタンドからは拍手が起き、「ソリさん、ありがとう」の声も聞かれた。「ペットボトルが飛んできたり、罵声を浴びたりしても仕方がないのに、逆にツラい」とは、反町監督の弁だ。

 長期政権の成立は、クラブの決断が必要なのはもちろんだが、サポーターの理解なくして実現しない。幸いにして、松本にはその難しい条件が整っているのである。Jリーグにも、長期的視点に立って指揮を託される監督がひとりくらいいてもいい。

 反町監督は今季の結果を受けて、「私の実力不足と責任を感じている」と言いながらも、「私がやるべきことはやってきたつもり。それだけは胸を張って言いたい」と、はっきり口にする。だからこそ、来季については「クラブが判断すること」。言い換えれば、クラブさえ承知してくれるなら続ける意思がある。少なくとも、自分からケツをまくるつもりはない、と解釈してもいいだろう。

 短命傾向の強いJクラブの監督において、同一クラブを最も長く率いたのはガンバ大阪の西野朗監督だが、それでも10シーズン(2002〜2011年)。海外に目を向ければ、マンチェスター・ユナイテッドを27シーズン率いたアレックス・ファーガソンや、アーセナルを20シーズン以上指揮し続けているアーセン・ベンゲルのような存在もある。長期政権がマンネリを生む危険性はもちろんあるが、一方で、じっくりと腰をすえて取り組まなければ実現できないこともある。

 Jクラブとしての松本を率いた監督は、いまだ反町ただひとり。とはいえ、松本の歴史が常に反町とともにあったと言っても、その歴史はまだ”たったの”6シーズンに過ぎない。

 反町が監督でなければ、これほどの短期間でJ1昇格が実現することはなかったのではないか。これ以上、反町に任せていたら、クラブの成長は望めないのか。

 ただ漠然と「そろそろ監督を変えたほうがいいのかも」ではなく、そうしたことを冷静に判断する必要がある。

“松本のファーガソン”は二の矢、三の矢を放つべく、すでにあれこれと知恵をめぐらせているはずである。

◆J1可能性残したジェフ千葉のミラクル攻撃サッカーとは?>>

■Jリーグ 記事一覧>>