楽天は21日、西武を戦力外となっていた渡辺直人内野手の獲得を発表【写真:Getty Images】

写真拡大

楽天が西武戦力外の渡辺直人獲得を発表

 楽天は21日、西武を戦力外となっていた渡辺直人内野手を獲得したと発表した。8シーズンぶりの復帰となる。

 渡辺は三菱ふそう川崎から06年の大学・社会人ドラフト5巡目で楽天入団。二塁、遊撃で活躍し、10年オフにトレードで横浜(現DeNA)移籍し、13年シーズン途中に再びトレードで西武に移籍。今季は出場32試合に終わり、オフに戦力外通告を受けていた。8シーズンぶりにプロ生活をスタートさせた球団に復帰となる。

 ソフトバンク・松坂大輔投手を筆頭に「松坂世代」も戦力外通告を受けているが、巨人・村田修一内野手らも含め、他球団移籍は決まっておらず、今オフの「松坂世代」の“移籍第1号”となった。