「今からあなたを脅迫します」で息ぴったりのディーン・フジオカ、三宅弘城、島崎遥香(写真左から)/(C)NTV

写真拡大

日本テレビ系で毎週日曜夜10:30から放送されているドラマ「今からあなたを脅迫します」。武井咲と共にW主演を務めるディーン・フジオカが、ザテレビジョンの取材に応じ、現場のエピソードを明かした。

【写真を見る】少女とほほ笑み合うディーン・フジオカ。貴公子スマイルにキュンキュン!/(C)NTV

本ドラマは、警察や探偵が解決できない事件を、人を脅すことで依頼人を救う“脅迫屋”の千川(ディーン)と、変人級にお人よしな女子大学生・澪(武井)の凸凹コンビが事件に立ち向かうポップなクライムサスペンス。

■ 松下奈緒&間宮祥太朗の加入でドラマの後半戦はますます盛り上がりを!

11月26日放送の第6話からは千川の元恋人・稚奈役で松下奈緒、謎のナンパ師・スナオ役で間宮祥太朗の出演が決定し、物語がさらに加速していく。

前半戦を折り返し、“座長”ディーンに、現場でのエピソードを尋ねた。ディーンは「いろんなことがありましたよ…。あり過ぎてですね…」としばし長考。

■ ディーンがぱるるを「頑張り屋さん」と思った理由は?

そして、「とにかく、ぱるる(栃乙女役の島崎遥香)が面白いんですよ!」と前のめりに話し始める。

「ぱるるはいきなり英語や中国語で話し掛けて来たりしますよ。前室で、三宅弘城さんと3人でちょくちょく中国語講座を開いていて、彼女のSNS用に、このドラマの中国語のタイトルの発音を練習したんですよ。

何回も何回もトライして、最終的にはすごくクオリティの高い動画が撮れたのですが、それアップした後に、最初の方に撮ったダメだった動画も“ビフォーアフター”として上げるんです。

うまくいったのも、いかなかったのも両方アップするなんて、なかなかそういうアイディアって思い付かない。面白い子だなと思いますね。とても学習意欲が高く、すごい頑張り屋さんです!」と現場での島崎の素顔を明かす。

■ ディーン様がまさかの思い出し笑い!?

また、島崎に並んでディーンが「現場のマスコット、トップ2」に挙げたもう1人の人物はロビン役の蛭子能収。蛭子との思い出を振り返ってもらうと、クールに質問に答えていたディーンの肩が震え、笑いが止まらなくなるほど。

「11月19日に放送された第5話。蛭子さんに『僕も“今からあなたを脅迫します”って言いたい』というせりふがあったんです。ドラマのタイトルなのに、何回やっても『今からあなたを恐喝します』と言ってしまう(笑)。

本人は悪気はなくて、でも結局、何テークやっても“恐喝”になっちゃう。最終的には、そのまま演技を続けて千川として『バカヤロー、“脅迫”だよ!』とツッコんだんです。

しかも、そのツッコミが実際にオンエアされていて(笑)…いや、もう本当に蛭子さん最高ですね!」と天然の蛭子と、気の利いたアドリブをしたディーンのコラボレーションが放送されていたことが明らかになった。

チームワーク抜群の「今からあなたを脅迫します」チーム。最新話となる第6話は11月26日(日)に放送される。

■ 第6話あらすじ・千川は少女から“依頼”を受ける

病院で目を覚ました澪(武井)は、祖父の轟(近藤正臣)と和解。助けてくれた千川(ディーン)に礼を言いたいが、なかなか会えずにいた。

その頃千川は、4年前に亡くなったある女性・来栖稚奈(松下)との思い出の場所を訪ねていた。帰り道、いじめを受ける小学生と知り合った千川は「お母さんを助けて欲しい」と言われる。(ザテレビジョン)