トヨタ、スポーツカーシリーズ「GR」4車種を発売 ヴィッツや86など

写真拡大

トヨタ自動車は、「ヴィッツGRMN」、「86GR」、「アクアGR SPORT」、「プリウスα GR SPORT」の4車種を発売する。ヴィッツGRMNは150台限定の販売となる。

「ヴィッツGRMN」は、GAZOO Racing Companyが手がけるトヨタのスポーツカーシリーズ「GR」の頂点に立つ数量限定モデルで、「モータースポーツからの還元」をコンセプトに世界一過酷とされるドイツ・ニュルブルクリンクでのテスト走行や、全日本ラリーに参戦しているヴィッツからの知見を盛り込んで開発した。

スーパーチャージャーを搭載した直列4気筒1.8Lエンジンは、パワーとアクセル操作に対するレスポンスを両立。基本剛性の高い欧州製の3ドアを採用し、タワーバー(フロント)やブレースの追加によりさらなる高剛性を実現したボディと、様々な路面に対応できるよう専用チューニングされたSACHS(ザックス)製アブソーバー、トルセンLSDなどにより、サーキットから一般道まで意のままに操れる走りを可能とした。

専用のT-ConnectナビゲーションとTOYOTA GAZOO Racing Recorderを同時に装着することで、サーキットでのラップタイム計測や走行データ分析などができる。

「86GR」は、86GRMNをもとに開発し、ブレースを追加して剛性を高めたほか、専用チューニングのSACHS製アブソーバー、86GRMNと同じトルセンLSD、高性能ブレーキを搭載する。専用メーターやレカロシートなどを採用し、上質でスポーティなインテリアに仕上げた。

「アクアGR SPORT」、「プリウスα GR SPORT」は、スポット溶接の打点追加(アクア)やブレースの追加(プリウスα、17インチパッケージのアクア)によりボディ剛性を強化したほか、専用チューニングしたサスペンションを搭載する。

価格は、「ヴィッツGRMN」は400万円、「86GR」が496万8000円、「アクアGR SPORT」が233万2800円〜253万8000円、「プリウスα GR SPORT」が335万1240円〜355万6440円。