体重を絞り、死を前にして正義を貫こうとする政治家秘書を演じる林家正蔵/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月30日(木)に放送される、米倉涼子主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)の第8話に、落語家の林家正蔵がメインゲストとして出演することが分かった。正蔵は「役者としてどうしても出たかった作品が『ドクターX』なんです。出演が決まったときは、ものすごいご褒美を頂いたような気分でした。夢がかなって、本当に幸せです」と喜びを語る。

【写真を見る】米倉涼子との共演に、林家正蔵は「すてきですなあ…」と大喜び/(C)テレビ朝日

正蔵が演じるのは、根治手術は不可能とされる病を患い、死を覚悟した元大臣秘書官・八雲拓哉。正義を貫いてこの世を去ろうと決意し、厚労省の不祥事を告発する人物だ。「『ドクターX』に出られるなら、人間らしい役がいいなぁと常々思っていたのですが、今回はまさにそんな役どころ。ワクワクいたしました」と意気込む。

患者役のため、体重を落として撮影に臨んだ正蔵。「他の現場で“大丈夫? 具合悪くない?”と心配されたんですけど“大丈夫! 僕には大門先生がついているから”と答えた次第です(笑)」とほのぼのしたエピソードも披露した。

実際に対面した米倉=大門未知子の印象については「大門先生はとにかくカッコいいです。ドキドキしちゃったよ! 素敵ですなぁ…」と瞳を輝かせる。

さらに、ぜひ見てほしいシーンとして「大門先生に“私に切らせて”と言われるシーン」を挙げ、「もう言われた瞬間にゾクゾクッとしました。“きれいな目だなぁ、目力がスゴいなぁ”と!」と力説していた。

ちなみに「ドクターX」の名ぜりふといえば、大門未知子の「私、失敗しないので」。そこで、正蔵が“絶対に失敗しない特技”なことについては「私は落語でも芝居でも失敗だらけ!」と明かす。

「落語では失敗しないようにしたいんですけどねぇ…」と苦笑いしながらも、「失敗だらけで、どうもすいません(笑)」と、お家芸を織り交ぜた“失敗しないオチ”で、スタッフ一同を笑わせた。

■ 第8話あらすじ(11月30日放送)

元大臣秘書官・八雲拓哉(正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発した。八雲は根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったのだ。

その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようともくろむ病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してくる。八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、執刀医は大門未知子(米倉)に決定。しかし、思わぬ壁が立ちはだかる。

八雲が告発した人物らは「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だったのだ。内神田にくぎを刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)に変更する。

そして、未知子は病院を解雇されてしまう…!?(ザテレビジョン)