新春ドラマに出演する(写真左から)満島真之介、中井貴一、波瑠/(C)テレビ東京

写真拡大

テレビ東京系で中井貴一主演の「新春ドラマスペシャル『娘の結婚』」が、2018年1月8日(月)に放送されることが分かった。

【写真を見る】中井演じる孝彦は、大切な一人娘・実希(波瑠)の結婚に悩む/(C)テレビ東京

同ドラマは小路幸也の同名小説を原作に、男手ひとつで大切に育ててきた娘の結婚に対する父の葛藤を描いたホームドラマ。中井が父・國枝孝彦役を、波瑠が娘・実希役を演じる。実希の幼なじみで、結婚相手でもある古市真役を満島真之介が務める。

原作小説を読んで出演を決めた中井は「事件ものや手術ものって自然と凹凸ができてくるけど、ホームドラマは淡々と進んでいかないといけないという難しさがあって。皆さんに『そうそう』って共感してもらえるように演じられればと思います」と意気込んだ。

一方、波瑠は「『娘の結婚』という父親目線の一大事を監督・脚本と女性スタッフが固めていくっていうのは、面白いバランスになるんじゃないかなって思います」と見どころをアピール。

満島は「作品も役もこれまで演じたことがあるようでなかったので、新しいことを経験してるなって。素に近いというか自分をそのまま出せました」と語った。

■ 「娘の結婚」あらすじ

國枝孝彦(中井)は妻亡き後、男手ひとつで娘・実希(波瑠)を育ててきた。そんな娘が突然、「会ってほしい人がいるの」と結婚を考えている男性がいることを打ち明ける。相手は、かつて住んでいたマンションの隣人・古市敏之(光石研)、景子(キムラ緑子)の息子で幼なじみの真(満島真之介)だった。

しかし、一番の問題は景子がトラブルメーカーらしいこと。その事実を引っ越すまで知らなかった孝彦は、景子と亡き妻の間にも確執があったのではないかと不安になる。娘に伝えるべきか思い悩む中、大学時代の恋人・綾乃(原田美枝子)と再会し、綾乃と景子の意外なつながりが発覚する。(ザテレビジョン)