「T―HR3」(右)とマスター操縦システム

写真拡大

 トヨタ自動車は21日、第3世代となるヒューマノイドロボット「T―HR3」を開発したと発表した。人が装着する「マスター操縦システム」と連動し、複雑な動作も全身をしなやかに動かして遠隔操作できる。家庭や医療機関、災害地、建設現場、宇宙空間などでの活躍を視野に入れる。トヨタのヒューマノイドロボットは楽器演奏など展示用だったが、実作業への応用に向け新段階に入る。

 T―HR3は身長154センチメートル、重量75キログラム。コア技術となるトルクサーボモジュールは多摩川精機(長野県飯田市)と日本電産コパル電子(東京都新宿区)と共同開発し、ロボットの関節の柔軟な制御やロボットが外部から受ける力を操縦者に伝える役割を担う。T―HR3の関節29カ所、マスター操縦システムの16カ所に配置した。

 マスター操縦システムはトルクサーボモジュールとマスターアーム、マスターフット、ヘッドマウントディスプレーで構成。操縦者が立体映像をリアルタイムで確認しながら、離れた場所でロボットを直感的に操れる。同ロボットは29日に東京・有明の東京ビッグサイトで開幕する「2017国際ロボット展」に出展する。