「自分が最も欲しかった」アプリだと語る土井社長。当面はサッカーチームに絞って提供する

写真拡大

アマチーム支援
 アマチュアスポーツチーム向けに、利用者限定のクローズド会員制交流サイト(SNS)アプリケーションを開発したSPLYZA(スプライザ、浜松市中区、土井寛之社長、053・523・7719)。クラウド上での動画共有や複数人での分担編集、スマートフォンからの編集操作などを実現し、特許を取得した。

 発想は自身の実体験だ。ウインドサーフィンに本格的に取り組んできた土井社長は、プレー動画を仲間と共有する際の編集作業が膨大・複雑なことを身にしみて感じていた。誰でも手軽に動画編集できるアプリは「実は自分が最も欲しかった」と明かす。

 さまざまなスポーツに活用できるが、当面は国内3万チームとも言われるアマチュアサッカーチーム向けに販売を絞った。1台のカメラの映像から選手やボールの位置を正確に割り出せる。試合後すぐにチームで戦術分析などに使える。土井社長は「最初の目標は1000ユーザー」と意気込みを語る。

配信大手と連携
 現在、特許庁の事業を受託するトーマツから派遣された静岡県産業振興財団の増山達也事業プロデューサーの支援を受け、サッカー文化が根付く欧州展開などを見据えた国際特許出願準備、販路開拓を進めている。

 サッカー記録集計システムを持つ大日本印刷と連携した動画配信サービス、スポーツ用品大手とのコラボレーションによる販路開拓に成功。アマチュア全国サッカーリーグに同SNSアプリが採用された。今後、中学や高校の部活動をはじめ、教育現場に広がっていくかもしれない。

■メ モ■
 スプライザは11年設立。KDDIのスタートアップ支援プログラムに参加し事業領域を拡大。売上高は現在約2000万円。まずは1億円を目指す。