三一重工のコンクリートポンプ車(出所:同社より)


 中国の経済成長とともに、国際的な競争力と影響力を持つ中国企業が年々増加しています。けれども、そうした中国企業や経営者が日本で紹介される機会はあまり多くありません。唯一の例外と言えるのが、ECで世界最大手のアリババグループと、その創業者であるジャック・マーぐらいでしょう。しかしそれ以外となると、中国にはどんな会社があって、その創業者はどのような人物なのか、業界関係者以外にはほとんど認知されていないと言っても過言ではありません。

 そこで今回は、筆者が「日本人ならばその名を知っておくべき」と思う中国企業として、中国の建機製造メーカー・ビッグ3の一角である「三一重工股份有限公司」(以下「三一重工」)と、その創業者であり現代表である梁穏根(りょうおんこん)の来歴について紹介したいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

羊の買い付けビジネスからスタート

梁穏根氏(出所:Baidu百科)


 梁穏根は1956年、中国南部の内陸部に位置する湖南省の山村に生まれました。元々の名前は「梁永根」でしたが、事業家として活動を始めた1988年に、事業の穏やかな発展と自身の人格が穏やかとなることを願い、現在の「梁穏根」へと改名しています。

 1983年、現在の中南大学を卒業するとエンジニアとして兵器工廠に勤務し、1986年まで4年間勤めました。当時の中国は社会主義の空気がまだ色濃かったのですが、臂平が改革開放政策を進め、市場が徐々に開放され始めた時代でもありました。この流れに乗ろうとした梁穏根は3人の仲間とともに兵器工廠を辞め、羊の買い付けビジネスを立ち上げます。

 ただ、この時は羊の価格が事業開始直後に暴落したため失敗。その後も酒やガラスに関わる事業に手を出すものの、失敗を繰り返していきます。

溶接材料の製造を経て建機業界へ参入

 ことごとく事業で失敗しながらも梁穏根はあきらめませんでした。仲間たちと次善の策を練る中、今度は溶接材料が当たりそうだという結論に至り、銅製の溶接材料の製造会社を設立します。

 当初こそ品質が悪く返品が相次ぎましたが、真面目に品質改良に取り組んでからは注文を取れるようになり、ここに至って初めて事業を軌道に乗せることに成功します。

 なお、兵器工廠を辞めてからここまでの流れは、1986年1月から9月までのわずか8カ月間の話だそうです。つくづく中国の企業家はスピーディーで切り替えの早い人が多いなと感じさせられます。

 溶接材料ビジネスが軌道に乗る中、梁穏根はさらなるビジネスの発展を模索します。そこで行きついたのが建設機械ビジネスでした。

 当時、中国の建機業界は国有企業によって独占され、民間企業が入り込む余地はほとんどありませんでした。それにもかかわらず、1989年には果敢に生産工場を建設して、本格的に事業を興します。そして1994年には、本社を湖南省長沙市に置き三一重工業集団有限公司を正式に設立します。

コンクリートポンプ車で世界一に

 その後、三一重工は中国の高度経済成長の波に乗り、飛躍的な発展を遂げることに成功しました。

 一般的に中国のメーカーは、規模の追求ばかりに熱心で技術向上を疎かにする会社も少なくありません。しかし、三一重工は一貫して自社の技術向上に腐心しました。特に主力製品であるコンクリートポンプ車(高所作業現場へコンクリートなどを圧送する車)の技術開発に真剣に取り組み続けました。

 こうして技術開発を続けたコンクリートポンプ車は、中国で続々と誕生していた高層ビルの建設現場で大いに活躍し、三一重工にとって成長の大きな原動力となりました。

 コンクリートポンプ車メーカーとして中国トップメーカーになった三一重工は、その後も技術開発と性能向上に取り組みます。2007年にはブーム(輸送管)の長さが66メートルのコンクリートポンプ車を生産。後に三一重工が買収することとなるドイツの建機大手プツマイスターの記録を抜いて、世界一となりました(現在は、中聯重科股份有限公司というメーカーが世界トップの記録を保持しています)。

福島原発の注水作業にポンプ車を提供

 冒頭で筆者は三一重工について「日本人ならばその名を知っておくべき」と記しました。それには理由があります。同社は、日本人にとって決して忘れることのできないあの大災害が起きたとき、コンクリートポンプ車を無償で提供してくれたからです。

 2011年3月、東日本大震災の発生に伴って福島第一原子力発電所で事故が発生した際、原子炉冷却のために高所から注水作業を行うことになりました。東京電力は、注水作業に使うコンクリートポンプ車を国内外のメーカー各社から購入します。

 当時、世界で最も高い性能を持つコンクリートポンプ車を生産していたのが三一重工でした。そこで東京電力は同社にもコンクリートポンプ車の購入を打診しました。

 報道などで日本の被害状況を知っていた梁穏根は、打診を受けると即座に当時の価格で約8500万円もするというコンクリートポンプ車を無償で提供することを決定します。

 コンクリートポンプ車は原発での注水作業に合わせた装備に改造された後、日中双方の政府間で輸送手続きについて特別な便宜が図られ、約10日間で中国から福島原発まで届けられました。

 なお三一重工は東日本大震災だけでなく、四川大地震(2008年)やチリ鉱山落盤事故(2010年)などの際も自社製品を無償で提供しています。人道主義を重んじる企業であることに加え、災害現場で求められる建機を製造しているという点も見逃すことはできないでしょう。

周囲を驚かせた買収劇と本社移転

 2012年、三一重工は突如としてドイツの建機大手、プツマイスターの買収を発表しました。買収額は数百億円とされます。買収額の大きさもさることながら、長い歴史を持ち、世界に名高いプツマイスターを新興の中国企業が買収することは「小が大を飲む」と言われ、当時の建機業界を驚かせました。

 また同年、三一重工は本社を湖南省長沙市から北京市へと移転することを発表しました。「グローバル化への対応のため」というのが、その理由でした。

 しかし、当時の現地メディアの報道によると、突然の本社移転の背景にはライバル企業の嫌がらせや営業妨害があったとのことです。ライバル企業は地元政府の役人を巻き込んで三一重工の顧客情報を盗んだり、営業活動を妨害するだけでなく、会社重役だった梁穏根の息子を偽警官に拉致させようとまでしたそうです。そうした出来事が重なり、家族の安否も考えた末、本社移転が決められたといいます。

建機「冬の時代」を経て再起はなるか

 一時期、三一重工は世界建機ランキングにおいて中国企業の中で最上位に位置するなど、名実ともに中国建機最大手の座に君臨していました。しかし、近年は同ランキングで徐州工程機械集団有限公司(徐工機械)の後塵を拝しています。また2013年以降、中国のみならず世界中で建機市場が冷え込んだことから業績も悪化しました。

 ただ、長い冬の時代を経て、中国の建機市場は回復傾向を見せ始めています。三一重工の2017年第1〜3四半期の営業成績も、売上高が前年同期比70.8%増の281.6億元(約4800億円)、純利益が同10.3倍の18億元(約300億円)となるなど、急速に回復しています。

 東日本大震災時のエピソードもあるだけに、ぜひかつての勢いを再び取り戻してほしいものです。

(文中敬称略)

筆者:花園 祐