せれちゅ(上月せれな)の新曲「interface」が「開運!なんでも鑑定団」のエンディングテーマに起用され、せれちゅが番組への思いなどを語ってくれた

写真拡大

ソロアイドル・上月せれなの新曲「interface」が、テレビ東京系ほか「開運!なんでも鑑定団」(毎週火曜夜8:54-9:54ほか)のエンディングテーマに起用されている。

【写真を見る】せれちゅ、10thシングル「interface」をリリース

自身も子供の頃から見ているという番組とのタイアップについて、上月が喜びの気持ちなどを話してくれた。

■ 「『なんでも鑑定団』は実家にいる時、おばあちゃんとお茶を飲みながら見てました」

――今回、「開運!なんでも鑑定団」のエンディング曲に決まったと聞いた時、どう思われましたか?

とにかくビックリして、頭の中が“?”で埋め尽くされました。これまでアニメやゲームのタイアップはやらせていただきましたが、地上波の、より多くの方が知ってる番組なので、「えぇ〜!?」と思ったのが最初の感想ですね。

――上月さんご自身も、見ていた番組ですか?

はい、見てました。実家にいる時も、おばあちゃんとお茶を飲みながら結構見たりしてて。

――おばあちゃんと、どんな話をしながら見ていたんですか?

金額を当ててました。「これ、いくらくらいかな」とか「安いよね」とか。予想が外れることも多かったんですけど(笑)。そんな事を言いながら見てましたね。

――2人で「高い」「安い」って言いながら、ワイワイ見てたんですね。

そうですね。あと、「家に骨董品ないの? 番組に出してみようよ」って言ったことはあります。

――実際、上月さんのお家に骨董品などはあるんですか?

骨董品は…ないのかな? 分からないですね。自分の家でも、まだ入ったことがない所もあるので。「あるのかな?」「ないのかな?」っていう感じです。

――入ったことがない場所もあるということは、大きなお家なんですね!?

大きいというか、暗い場所って怖いじゃないですか? 昔の家の物置みたいに使ってるような所には、入ったことがないので…入ったら、何かあるかもしれないですね。分からないですけど(笑)。

■ せれちゅパパ&おばあちゃんも大喜び!

――「開運!なんでも鑑定団」エンディングについて報告した時の、ご家族や友人の反応はいかがでしたか?

まず、パパに電話したんですけど、ライブの時のMCみたいに話したんですよ。「なんと〜、このたび〜」みたいに、溜めたり焦らしたりな感じで。それで、「『なんでも鑑定団』決まりました!」って言ったら、「マジか!?」って。そうしたら、電話口から“ドンドンドン”っていう、パパが走ってる音が聞こえるんですよ。走りながらおばあちゃんの元に向かって、「聞いて! せれな、なんでも鑑定団のエンディングだって」って父に言われて、おばあちゃんが「えーっ!?」っていう声が聞こえて。結構遠くにいたっぽいんですけど、「えーっ!?」って。すごい喜んでくれてて、嬉しかったですね。

――おばあちゃん、驚いた後に何て言ってましたか?

パパの反応と同じで、「マジか!?」みたいな。

――お父さんは何か言ってましたか?

親戚とか、知ってる人に片っ端から電話してたらしいです。でも、長野で流れ始める日が東京と同じと勘違いしてて、「10月3日」って色んな人に伝えちゃって。「みんなに言ったから」って言うパパに、「その日、違うよ」って伝えたら、慌ててまたみんなに電話をし直したそうです(笑)。でも、すごい喜んでくれてるんだなと思って、嬉しかったですね。(※地元・長野のテレビ信州は遅れネット)

――長野でオンエアされた後の凱旋、また楽しみですね。

どんな感じになるんですかね? 早く、みんなに会いたいなと思いました。

■ 「この曲を聞いて、元気になってもらえたら嬉しい!」

――10月からオンエアされていますが、周りの人には知られていますか?

何人かから、「本当に流れた!」って連絡が来ました。あと、友達のお母さんからも連絡が来ました。「感動した」って。

――「開運!なんでも鑑定団」は色々な世代の方が見る番組だと思いますが、そういった事も意識されていますか?

幅広い方に聞いてもらえるので、楽しい感じの、とても馴染みやすい曲調になっているかと思います!

――歌詞の方は、どんな内容になっていますか?

今回の曲もそうなんですけど、私の曲って自分を歌っている物が多いんです。“上月せれな”という人物に沿ってるというか。「夢の舞台に駆け上がる」っていう歌詞とか、聞かせる部分にも「何にもできない私だけど、みんなついてきて」っていうフレーズが入っていたり、みんなに逆に笑顔をもらっていて、次は私がみんなを笑顔にするよっていう感じの曲だったり。

――自分とリンクしている内容なんですね。

はい。今回も、そういう部分が多かったです。

――視聴者の皆さんに「ここを聞いてもらいたい」っていう部分はありますか?

とても盛り上がる曲なので、これを聞いて元気になってもらえたら嬉しいですね。自分で言うのもなんですけど、番組のエンディングテーマに曲が合ってるなって思ったので、番組を毎回最後まで楽しんでいただけたらいいなと思います。たくさんの方に受け入れてもらいやすい曲調なので、アイドルファンの方だけではなく、お茶の間の多くの世代の方にも聞いてもらいたいですね。

――たくさんの人に、“上月せれな”という存在を知ってもらいたいですよね。

知ってもらいたいですね。「歌ってるの、18歳の子だって」みたいになったら嬉しいです!(ザテレビジョン)