21日、中国外交部は同日の定例記者会見で、北朝鮮に派遣した特使が金正恩労働党委員長と面会したかどうかに関する記者からの質問に回答した。

写真拡大

2017年11月21日、中国外交部は同日の定例記者会見で、北朝鮮に派遣した特使が金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長と面会したかどうかに関する記者からの質問に回答した。

中国共産党の習近平(シー・ジンピン)国家主席の特使である宋濤(ソン・タオ)党中央対外連絡部長は、17〜20日まで北朝鮮を訪れ、朝鮮労働党の指導者らと会談したと伝えられた。しかし、金正恩氏と面会したかについては明らかになっていない。

21日の外交部定例記者会見で質問を受けた陸慷(ルー・カン)報道官は、「新華社がすでに、宋濤氏が中国共産党大会の状況を報告し、“朝鮮労働党中央指導者”と両国関係など双方が共通に関心を持つ問題について意見交換した旨を発表している」とし、「これ以上、提供できる情報は持ち合わせていない」と述べた。

記者から「今後、多くの情報が公開されることはあるのか」とさらに聞かれるも、「これ以上、補足する情報はない」とし、記者に対して「関係部門」に尋ねるよう促した。しかし、英ロイターは「宋濤氏が金正恩氏に会っていないことは明らかだ」と指摘している。

また、中国共産党系の環球時報は21日の社説で、「両国はポジティブな情報を発しながらも、両国関係が底をついていると読み取れる形跡を隠そうとはしていない。北朝鮮は特に、国際社会に『国連の制裁によって核問題に対する姿勢を根本的に変えることはない』という信号を発した」「中朝はコミュニケーションのルートを保っており、両国関係が重要で大切にすべき絆であることでは認識を一にしている。しかし、核問題における深刻な分岐については依然変わっていない」としている。(翻訳・編集/北田)