ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

写真拡大 (全4枚)

シリコンスタジオは、高度な光学的表現を可能にするポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 3」がコナミデジタルエンタテインメントの新作『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』に採用されていると発表しています。

以下リリースより引用

『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』は、2012年にPlayStation3用にリリースされたシリーズ第二作『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』をベースに、PlayStation4プラットフォーム、及びSteam用ソフトとしてリマスターされたロボットアクションゲームです。4K化された高解像度テクスチャに加え、『YEBIS 3』を活用したHDRやポストエフェクト、VR対応といった最新のグラフィックス技術が新たに追加導入されています。PlayStation4プラットフォームではPlayStationVR、PCではSteamVRでも全編プレイ可能です。

■『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』における「YEBIS 3」を使ったポストエフェクトの例

■コナミデジタルエンタテインメント様より、下記のコメントを頂いております

「YEBIS」を実装した日の興奮は忘れられません。
特徴的な「ANUBIS」のポストエフェクトの数々が、一気に15年の時を超え、現世代基準の輝きを放ったのですから。

株式会社コナミデジタルエンタテインメント
『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プロデューサー 岡村憲明

■「YEBIS 3」について

YEBIS(エビス)』は、3D/2Dのグラフィックスに対し、グレア、被写界深度、モーションブラー、レンズエフェクト(光学シミュレーション)、フィルム/感光効果、カラーコレクション、アンチエイリアスなどを掛けることができるポストエフェクトミドルウェアです。最新版となる『YEBIS 3』では、絞り開閉とレンズの収差、補正シミュレーションにより、これまでに無い写真のようなボケ味の再現が可能です。羽根の枚数と円形絞りの組み合わせはもちろん、レンズ構成によってフォーカス前後で異なるカラーフリンジなど、さまざまな特徴をもつリアルなボケ味を表現できます。
(公式製品サイト:https://www.siliconstudio.co.jp/middleware/yebis/jp/)

©Konami Digital Entertainment
©Silicon Studio Corp., all rights reserved.

■関連リンク
公式製品サイト