「Thinkstock」より

写真拡大

 ビタミンCやビタミンB群を豊富に含み、カロテンや鉄分も補給できる野菜として、食卓にのる機会が増えているブロッコリー。疲労回復や美容に期待ができるビタミンCの含有量は野菜でもトップクラス。また、ブロッコリーに含まれるポリフェノールの一種であるスルフォラファンは、米ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー氏らによってがん予防効果があることが解明され、肝機能の向上や新陳代謝の向上にも寄与するとの研究成果も指摘されている。

 このような人気が高く消費も拡大しているブロッコリーであるが、2016年には日本で12万7000トン生産されている。主な産地は、北海道(作付面積2470ha)、埼玉県(1300 ha)、愛知県(927 ha)、香川県(902 ha)、長野県(836 ha)となっている(2014年時点)。

 野菜生産出荷安定法で指定野菜とされている14品目とブロッコリーの2000年と16年の生産量推移(文末の表1)を見ると、ブロッコリーの生産量が1.81倍とダントツで増えていることがわかる。また、16年の生産量も指定野菜のピーマンと肩を並べ、指定野菜の里芋の生産量を超えていることがわかる。十分に指定野菜の資格を持っているといえる。
 
 では、野菜生産出荷安定法とは、どのような法律なのであろうか。同法第1条には、その目的・役割が以下の通り明記されている。

「この法律は、主要な野菜について、一定の生産地域におけるその生産及び出荷の近代化を計画的に推進するための措置を定めるとともに、その価格の著しい低落があった場合における生産者補給金の交付、あらかじめ締結した契約に基づきその確保を要する場合における交付金の交付等の措置を定めることにより、主要な野菜についての当該生産地域における生産及び出荷の安定等を図り、もって野菜農業の健全な発展と国民消費生活の安定に資することを目的とする」

 指定野菜の価格が下落した時に生産者補給金を生産者に交付することによって、生産者の経営を守るというものである。今、指定野菜はキャベツ、きゅうり、里芋、大根、たまねぎ、人参、トマト、白菜、ナス、馬鈴薯、ねぎ、ピーマン、ほうれん草、レタスの14品目。これらの14品目は、私たちの食生活には欠かせない野菜ばかりである。当然指定野菜として守られなければならない。

●15品目目の指定野菜?

 では、指定野菜はどのように指定されるのか。同法第2条にはこう明記されている。

「この法律において『指定野菜』とは、消費量が相対的に多く又は多くなることが見込まれる野菜であって、その種類、通常の出荷時期等により政令で定める種別に属するものをいう」

 これに沿ってみると、ブロッコリーは指定野菜のピーマンと生産量がほぼ同じであり、「消費量が相対的に多く」に合致するばかりか、生産量が急増しており、「多くなることが見込まれる野菜」にも合致しているのである。指定野菜14品目にブロッコリーを追加する必要があるといえる。同法には指定野菜の数は規定されていないので、新たな指定要件を満たした野菜が出てくれば、追加すればいいだけである。

 しかし、ブロッコリーを指定野菜にするという動きは表面上出ていない。関係者の間では、財務省の意向が影響しているともいわれている。指定野菜が増えれば予算が増える。それを嫌っているのが財務省というわけである。

 いずれにせよ、ブロッコリーを15品目目の指定野菜にするという声が今後全国的に広がっていく可能性が高い。
(文=小倉正行/フリーライター)