ミルフィーユ鍋

写真拡大 (全2枚)

ずっと同じ味が続いて、鍋って飽きちゃう…。そう思っている人は、この冬、「味チェンジ鍋」を試してみてはいかがでしょう。「味チェンジ鍋」とは、ひとつの鍋で、2種類の味を楽しめる鍋。「具材や調味料を途中で加えて、味を変えるので最後まで飽きさせませんよ!」と教えてくれたのは、料理研究家の小林まさみさんです。おいしいうえに目にも楽しくて、盛り上がること間違いなし! 今回小林さんが自信をもって提案する鍋は、白菜ミルフィーユ鍋。白菜とひき肉ダネの鉄板の組み合わせが、途中で牛乳を加えてとろみをつけると、あっという間にクリームシチュー風に変身してしまいますよ。白菜の間にひき肉ダネをはさみ込んだ華やかな洋風鍋「白菜ミルフィーユ鍋」

材料はシンプルなのに、見た目も華やかなミルフィーユ鍋。冬の野菜・白菜をたっぷりとれるのもうれしい。


【材料(4人分)】

白菜 1/2個
合いびき肉 300g
A[タマネギ(みじん切り)1個 パン粉1/2カップ 卵1/2個 塩小さじ2/3 コショウ少し]
B[顆粒洋風だし小さじ2 塩小さじ1と1/3 コショウ少し 水4カップ]【つくり方】

(1) ボウルにひき肉を入れ、Aを加えて粘り気が出るまで練り混ぜる。
(2) 白菜は鍋の深さより1cmほど長めに切り、形をくずさないように鍋に立ててつめる。葉の間のところどころに(1)を等分してつめる。
(3) (2)の鍋に合わせたBを注ぎ入れ、フタをして強火にかける。フツフツとしたら弱めの中火にし、白菜がクタクタになるまで40分〜1時間ほど煮る。

[1人分249kcal]牛乳とチーズで、クリーム煮に味チェンジ!


半量ほど食べたら、牛乳1/2カップを加えましょう。煮立ったら、バターと小麦粉各大さじ4を練り混ぜたものを煮汁で溶きのばして加え、ゆるいとろみをつけます。小房に分けて塩ゆでしたブロッコリー1/2個を加えてさっと煮、ピザ用チーズ80gを加えて溶かします。

とろっとおいしいクリーム煮は、ごはんにもパンにも合います。「ゆでたマカロニなどでシメてもいいですね」、と小林さんが教えてくれました。

今回ご紹介したレシピは、別冊エッセ『毎日食べても飽きない!みんなのこだわり鍋 』にも掲載。ほかにも、ワタナベマキさんや平野レミさんなど、人気の料理研究家10人に教えてもらった「こだわり鍋」を紹介する豪華な内容です。おいしい鍋を食べて、この冬の寒さを乗りきりましょう!

<料理/小林まさみ 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>