無名のアマFWが仰天の3タッチ弾、海外でSNS大爆発…英紙「インターネット・センセーション」

 海外サッカーのアマチュアリーグで、GKのロングフィードを受けたFWがボールを一度も落とさずにボレーを決めるスーパーゴールが発生。3タッチで決めた決定的瞬間をクラブのツイッターが動画付きで紹介すると、世界のSNS上で反響が拡大。海外メディアは「ソーシャルメディア界は大爆発」と“バズってる”状態を紹介し、往年の世界的名手も「秀逸だ、なんとも秀逸」と絶賛している。

 名もなき一人のストライカーが一躍、世界のSNS上で注目の的になっている。仰天のスーパーゴールを決めたのは、イングランド・アマチュアリーグのアルヴチャーチに所属するFWダニエル・ドュビダットだ。

 17日に行われたシェフィードFC戦。2-2で迎えた後半41分。アルヴチャーチのGKはボールを転がし、エリアを出たあたりからロングフィードを狙っていた。そして、照準を定めると、左足で前線へ浮き球で大きく蹴り出した。滞空時間の長いボールは狙い通りに前線へ。ここで待ち構えていたのが、ドュビダットだった。

 最終ラインのDFと競り合い、態勢を崩されながら、巧みに右ももでトラップ。すると、背後からプレッシャーをかけたDFをいなすように反転し、さらに右ももでもう一度、トラップ。そして、完全に体が入れ替わった次の瞬間だった。ドュビダットはボールを落とすことなく、体を倒しながら豪快にジャンピングボレーを放ったのだ。

 放たれたシュートに相手GKは虚を突かれて一歩も動けず。手の届かない頭上から落ちるような軌道を描き、クロスバーをかすめてゴールネットに突き刺してみせた。まさかのスーパーゴールに熱狂に沸くスタジアム。ドュビダットは自軍ベンチ前に駆け出し、チームメートにもみくちゃにされて手荒い祝福を受けていた。

世界を駆け巡った超ゴラッソ…メディア、元スターも絶賛「プスカシュ賞に値する」

 クラブの「アルヴチャーチTV」ツイッターが動画付きで紹介すると、スーパーゴールは世界を駆け巡った。

 英紙「ザ・サン」は「プスカシュ賞にも値する世界基準のプレーを経て、インターネットで、その名を轟かせる」と特集。「デュビダットは素晴らしいゴールで世界規模のインターネット・センセーションとなった。このFWはマジックのような瞬間を演出し、ソーシャルメディア界は大爆発することになった」とSNS上で“バズってる”ことを紹介している。

 実際に各国メディアがSNS上で動画付きで紹介し、世界に反響は拡大。ただ、驚くべきは、これが8部リーグであるということ。

 その反響はファンにとどまらず、Jリーグの名古屋でも活躍した元イングランド代表FWゲーリー・リネカー氏は「秀逸だ、なんとも秀逸」と自身のツイッターで絶賛。自身もアルヴチャーチからキャリアをスタートさせたというクラブOBの元アーセナル名手アラン・スミス氏も称賛している。

 試合後、アルヴチャーチTVに語ったところによると、デュビダットは「正直なところ、この試合での自分はイマイチだったとので、あれを決められたことでだいぶ(気持ちが)救われた」などと振り返ったという。

 一躍、スーパーゴールでネット界のスターになったストライカー。その衝撃は日増しに広がっている。