iPhone Xに搭載されたTrueDepthカメラの登場によって、SamsungのGalaxy S8は、すっかり「iPhoneの引き立て役」となってしまいました。顔認証機能で余りにも差がありすぎたのです。この問題を解決すべく、2018年にリリースが見込まれるGalaxy S9(仮称)では、虹彩認証や顔認識の性能向上が図られると考えられています。

顔認証のセキュリティーレベルに疑念

Galaxy S8に搭載された顔認証機能は、登場するやいなやただの写真でも認証してしまうことが発覚、次世代セキュリティー認証の脆弱性を議論するきっかけとなりました。iPhone XのTrueDepthカメラのようなシステムを搭載しておらず、顔を3D認識できないのですから致し方ないとはいえ、QualcommがAppleに対して勝ち誇るほどの性能ではないことは、Samsung自身も認めています。
 
また、虹彩認証についても、写真とコンタクトレンズの組み合わせで突破してしまうデモンストレーションが公開されました(これについては、非現実的だとSamsungも反論しています)。
 
こうしたことを思えば、Samsungがフラッグシップモデルの認証技術にテコ入れを行おうとするのも自然の流れでしょう。

虹彩認証の高速化でAppleに対抗か

韓国メディアETNewsが報じたところによると、SamsungがGalaxy S9に搭載予定の虹彩認証や顔認識で、主にソフトウェアの改善による高速化を図るそうです。
 
とくに虹彩認証は、生体認証の中でもとりわけ優れていると専門家が指摘するとおり、次世代セキュリティー認証として注目を集めていますが、顔認証に比べてスピードが遅いのがネックです。
 
仮に今回、虹彩認証の高速化を図るとなると、Appleの顔認証に対して、Samsungは虹彩認証を武器にスマートフォン市場で戦おうとしているのでしょうか。一説には「AppleのTrueDepthカメラの技術は他社よりも2.5年進んでいる」という見方もあることから、顔認証の精度で無理に競おうとするよりも、技術的に先行する虹彩認証の高速化に尽力するというのは不思議ではありません。
 
 
Source:ETNews(英語翻訳),Phone Arena
(kihachi)