結論!スーパージャンクが一番旨い!濃厚チーズをからめる「餃子フォンデュ」が反則レベルのウマさ

写真拡大 (全11枚)

人肌恋しい季節になると、大切な人たちと集まりたくなるもの。温かい湯気を囲みながら、おいしい時間をすごしたいですよね!

そこで今回訪れたのは、神田にある「餃子居酒屋WARASHIBE GYOZA 」。なんと、とろとろチーズと餃子を絡めて味わう「元祖鉄板餃子フォンデュ」というメニューがあるのだそう!パーティが盛り上がる餃子とチーズフォンデュという最強の組み合わせですが、いったいどのようなものでしょうか。実態を探るべく、まずは調理工程をご覧ください。

餃子と濃厚チーズは反則レベルのウマさ

鉄板の上でチーズが溶けていく様子に、思わずテンションが上がりますね。では、試食してみましょう!

餃子にチーズを絡めていただきます……、これは新感覚のおいしさ!とろとろで濃厚なチーズの味わいと、餃子のガツンとくる風味とが、とっても合うんです。醤油とラー油以外でも、餃子ってこんなにもおいしく味わえるんですね。甘辛ソースのピリ旨もアクセントになって、お酒がほしくなりました。

計算し尽された味のバランス

では、調理担当の荒井悠吏(あらい ゆうり)さんにお話を伺ってみます。

餃子を優しく包むポーズが美しい

--はじめて味わう餃子の食べ方でした。

「餃子をチーズフォンデュで楽しむ食べ方は、当店が元祖ですが、他店にマネされないか心配です(笑)」

「チーズは重たくなりすぎないよう、繊細な味わいが特徴の北海道十勝産を使用するなど、おいしくするこだわりを散りばめています」

--ほかには、どのようなこだわりが?

「まず、餃子のタネには、豚の挽肉やニラなどといった定番具材のほかに、フライドオニオンも混ぜています」

「ジャンクな風味を加えることで、チーズフォンデュの味わいと馴染むようにしているんです」

--たしかに、餃子の風味が強く、チーズの風味に負けていません。

「鉄板にのせているキャベツも、チーズが溶けるまでに熱せられることで、香ばしい野菜の香りを楽しんでいただく狙いがあります。馴染みのある香りを演出することで、食欲も期待感も高まりますので」

予約して来店するのが確実!

こちらのお店の餃子の包み方は、両端の2箇所のみを折りたたむのが特徴です。これは時短になり、焼きあがった際にキレイな台形になる包み方なのだそう。これは家でも使えそうなワザですね!

テレビ番組やSNSで「元祖鉄板餃子フォンデュ」が紹介され始めてから、満席の日も多くなったとのこと。実際に味わってみたくなったら、予約しておくと安心ですね。ほかにも、すき焼き揚げ餃子やコーンクリーム餃子など、一口でさまざまな味わいが楽しめるメニューも豊富。お酒にもピッタリのおいしさを、友人たちといっしょに味わってみませんか?

神田餃子居酒屋 WARASHIBE GYOZA 住 所東京都千代田区神田須田町1-14 電 話03-6206-9110 営業時間[月〜木]17:00〜23:30(食事L.O.22:30)(ドリンクL.O.23:00)、[金、祝前日]17:00〜24:00(食事L.O.23:00)(ドリンクL.O.23:30)、[土日祝]17:00〜23:00(食事L.O.22:00)(ドリンクL.O.22:30) 定休日不定休
神田餃子居酒屋 WARASHIBE GYOZA
東京都 千代田区 神田須田町
居酒屋

ライター紹介

八幡啓司
ライター、編集者。国内や韓国、タイなど、地元の料理を探索する旅がマイブーム。メイン料理に添えられる「漬け物」も好物。座右の銘は、「いざとなったら、まず寝る」。 ブログ Facebook