浦和GK西川、ACL決勝レーザー妨害を意に介さず 余裕の一言「中東ではよくあること」

写真拡大

ACL決勝第1戦の敵地アル・ヒラル戦、スーパーセーブを披露して貢献

 浦和レッズの日本代表GK西川周作は、現地時間18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦、敵地アル・ヒラル戦の試合中に相手サポーターから顔にレーザーポインターの光を照射される事態になったが、「中東ではよくあること」と全く意に介していない様子だ。

 アル・ヒラル戦の西川は、とりわけ前半に多くのピンチを招いた場面でスーパーセーブを披露。日本代表の欧州遠征から直接合流した守護神は、「自分がしっかり守れば流れを渡さない。代表で充実した時間を過ごしていたけど、ACLは常に頭にあった。良いコンディション、試合をやりたくてたまらないという良いメンタルで入れた」と、14日の国際親善試合ベルギー戦後にドイツ経由でサウジアラビア入りする強行日程に関わらず、好パフォーマンスを発揮。アウェーゴールを含む1-1ドローの試合で存在感を放った。

 その一戦で西川を襲ったのは、アル・ヒラルのサポーターによる妨害工作だ。スタンドから緑色に光るレーザーポインターの光が照射され、GKの集中力を削ごうとする行為だったが、当然これは観戦中の禁止事項でもある。しかし、当の西川には全く影響がなかったのだという。

「レーザーはありましたけど、気になるほどじゃなかったですね。むしろ、中東ではよくあることですから。代表でのアジアカップ(UAE開催)や、オマーンでやったシリア戦でもありましたよ」

西川が余裕の表情「正直、中国の方が…」

 西川は「難しい試合になると思っていたけど、想定内だった」と振り返ったが、そうした妨害行為の可能性も織り込み済みだったのだろう。日本代表の一員として中東遠征を繰り返してきた経験が生きる形になった。

 また、6万人の完全アウェーの雰囲気についても「正直、中国(広州恒大や上海上港)でのアウェーの方が凄かったですね。サウジでは、散歩していても意外と応援してくれて、ウェルカムでしたよ」と余裕の表情を浮かべる。

 25日の第2戦に向け、西川は「二度とチャンスがないというくらい、この一戦に懸けたい。90分間、引いて守ることはない。勝利にこだわって、守るべきところを守る」と力強く語った。今季は日本代表からの落選など苦しい時期も味わった“笑顔の守護神”は、無失点なら無条件でACL優勝を決められるホームでの決戦でゴールを死守する構えだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images