起業を科学的に読み解く

写真拡大

起業を考えている人は多いでしょうが、そこには失敗のリスクがつきものです。そのため、起業を躊躇してしまうという人がほとんどでしょう。

セオリー通りにいかない?

さらに起業は、あくまでも生物です。セオリー通りにいかないというところにも難点があるといえるでしょう。しかし、起業には成功する起業と失敗する起業があるのも確かです。その成功例を科学的に検証してゆけば、起業に対するクリアな思考を獲得することが可能になるでしょう。田所雅之の『起業の科学 :スタートアップサイエンス』(日経BP社 )では、1000人以上の企業家、投資家に対する取材、さらに起業に関する理論書と投資家の自伝300冊、企業家のブログ、講演会動画などの情報を総合的に分析しています。理論と実践の双方をフォローし、なおかつ冷静な分析を加えたものです。

有用な情報を集める

本書では膨大な下地調査が行われています。情報を探す時間、読み込む時間などがない人にとっては、これだけ多くの情報がある中で、そこから役に立つ情報をピックアップしてくれている本書はとても便利なものではないでしょうか。起業は何も徒手空拳で挑むものではありません。ベーシックな情報をもとにすれば、ある程度の成功は約束されているといえるでしょう。そこからさらに業績を伸ばしていくには本人の能力も求められますが、まずはなによりも基礎固めが重要です。