福田正博 フォーメーション進化論

 欧州遠征でブラジル代表、ベルギー代表と戦った日本代表は、それぞれ1-3、0-1と2連敗を喫した。W杯でも上位に進出するだろう強豪国を相手に、あらためてハリルジャパンの課題が浮き彫りになったといえる。


欧州遠征の2試合では、前線からのプレスが機能せず

 まず、ブラジル戦は相手をリスペクトしすぎていた。海外でプレーしている選手が増えた今でも、腰が引けた戦い方になってしまったのは残念な点だ。試合開始直後は、前線から積極的にプレッシャーをかけていた。コンパクトで組織的な守備でボールを奪い、素早く攻撃に転じるのはハリルホジッチ監督の目指している形だ。だが、ブラジル戦ではプレスをかわされて何回かピンチを招いてしまった。序盤にブラジルの攻撃力を目の当たりにした中盤やDFの選手は、失点を怖れて前線と連動して動けなくなり、結果として、チーム全体にズレが生じた。

「チームの一体感」と言葉にするのは簡単だが、実際にピッチに立つ選手たち個々の感覚は異なるもの。前線の選手が相手に一歩寄せたときに、後ろの選手が危険を感じて一歩下がれば、それだけで二歩分のスペースができてしまう。能力の高いブラジル代表の選手たちが、そのスペースでボールを持てばフリーになったも同然。プレーに余裕が生まれたことで、さらに日本がプレスをかけられなくなるという悪循環に陥った。

 ラインの裏を取られることをケアするあまり、日本の守備陣はDFラインを上げられなくなっていった。ブラジルの攻撃陣はそれほどまでに強力ということなのだが、今のハリルホジッチ監督の戦術でW杯を戦うのであれば、ラインを上げてコンパクトな守備を徹底する必要がある。そして、中盤や両ウイング、1トップの選手は、相手に体を密着させるくらいプレッシャーをかけ続けるしかない。

 後半に入ると、日本代表が志向するサッカーを実践できたように見えた。「前半で3点を奪ったブラジルがペースダウンしたから」という見方もあるが、ポジティブに言えば、「ペースダウンしたブラジルにはある程度通用した」と捉えることもできる。いくらブラジルといえど、試合終了まで常にハイペースでプレーするわけではない。攻撃を凌ぎ続けてペースが落ちたところでスキを突く。こうした戦い方ができれば、W杯本大会でブラジルと対戦したとしても、”ジャイアントキリング”を起こせる可能性はゼロではないと思う。

 そうした意味で、吉田麻也のフリーキックは収穫だった。ポスト直撃でゴールとはならなかったが、強豪国と同点で競り合ったまま試合後半を迎えれば、吉田の右足は相手にとって脅威になるはずだ。

 また、吉田がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって取られたPKも、いい経験になったはずだ。あれくらいのペナルティーエリアでの激しい駆け引きは、吉田が身を置くプレミアリーグでは当然のように行なわれている。W杯でVARが導入された際に、どこまで激しくいけるのかを見極めるために、今回の判定が参考になるだろう。

 続くベルギー戦は、序盤から右FWの浅野拓磨のところで何回か攻めの形を作ることができた。これは、ベルギーがゆったりとゲームに入ったことや、日本がブラジル戦のように相手をリスペクトしすぎることなく、臆せずにプレッシャーをかけることができたことが影響しているだろう。

 アジア最終予選のホームでのオーストラリア戦もそうだったが、相手が3バックの場合はサイドにスペースが空くことがある。そこで浅野のスピードが生きることは、ハリルホジッチ監督も十分にわかっているはずだ。W杯本番で、ベルギー同様に3バックの相手と対戦する場合、浅野に出番が回ってくる可能性は高い。それに備え、浅野はクロスボールやトラップの精度、決定力などを高めていってもらいたい。

 私が今回の2試合でもっとも不安に感じたのは、W杯で強豪国と対戦した際に、「最後の20分」をどう戦うかが見えなかったことだ。

 フィジカルが強靭な格上の強豪国との試合では、相手が100%のパワーで押し込んできたときに、体格で劣る日本代表は120%のパワーで跳ね返さなければいけない。こうした体力の消耗が積み重なって、日本は90分間120%でプレーすることができず、70分以降の試合終盤で足が止まってしまう可能性が高い。

 そのため、2010年の南アフリカW杯で日本代表を率いた岡田武史監督は、この「残り20分でのペースダウン」を回避するため、それまで築いてきた「前線からの激しいプレスとショートカウンター」のスタイルを捨てて、「自陣に引いて守備を固める」方針に転換した。また、2014年ブラジルW杯のザッケローニ監督は、就任当初からメンバーを固定してコンビネーションを成熟させ、体力勝負に持ち込まず、フィジカルコンタクトの局面がなるべく少なくなる「パスを主体とするポゼッションスタイル」を志向した。

 では、ハリルホジッチ監督はどうか。前線から積極的にプレスをかけていき、フィジカルコンタクトの激しい今のスタイルでは、体の大きな相手であっても常に”デュエル”が求められている。中盤で井手口陽介のような170cmの小柄な選手が、ブラジルのカゼミーロ(185cm)のような体の大きな相手とぶつかれば、それだけで体力を消耗していく。ボクシングでいえば階級が違う。身長180cm以上あるCBの吉田、昌子源らも、ベルギー代表のFWルカク(191cm・94kg)のような大きな選手と90分間対峙し続けなければならない。

 フィジカルで日本より上回る相手に、日本代表がフィジカル勝負のサッカーで挑めば、徐々に疲弊してしまい、試合終盤にゴールを決められる危険性が高くなる。だが、この課題にどう対応するかは手つかずのままだ。前線からプレッシャーをかけ、ボールを奪ったら縦に速く展開していく攻撃は、再びボールを奪取される確率も高い。そういった攻守の切り替えをふまえ、90分間でのペース配分を考えていくべきだろう。

 ブラジルも日本と同様に堅守速攻のチームだが、状況に応じてDFラインでボールを回してテンポを変えることができる。それは、ポゼッションもカウンターも両方できる選手が揃っているからであり、いろんな戦い方を選べるなかで、勝つためにカウンターを最優先とした戦術を採用しているにすぎない。そのブラジル代表と比較して、日本代表は90分間で攻守にメリハリをつけることができていない印象だ。

 ハリルホジッチ監督の志向する戦い方は、W杯で格上を相手にすることになる日本代表の立ち位置としては理解できる。ただ、ブラジルやベルギーほど人材が豊富ではない日本代表にあっては、そのよさが最大限に発揮されているようには思えないのだ。W杯本番まで時間はないが、日本人の持ち味である規律正しさや組織力を最大限生かして、フィジカルに劣るという日本人の弱点を最小化する戦い方の再構築をハリルホジッチ監督に期待したいところだ。

◆日本代表ピンチ! キャプテン長谷部誠が困った事態に>>

■サッカー代表記事一覧>>

福田正博 フォーメーション進化論 一覧>>