血液型【もしも動物だったら?】A型はよちよちペンギン、O型はのほほんパンダ!

写真拡大

 上野動物園生のパンダの子ども「シャンシャン(香香)」が、11月20日で生後160日を迎えました。動物園での公開は12月19日を予定しているとのこと。公開を楽しみにしている人も多いでしょう。しかし動物園にはパンダ以外にも、魅力的な動物たちがたくさんいます。今回は、あなたがどんな動物に似ているのか、血液型別に紹介します。

■A型……ペンギン
 A型を動物にたとえるなら「ペンギン」です。よちよち歩きがかわいいペンギンは、1匹で行動するのが苦手で、集団行動をします。海の中でエサをとるときも、抜群のチームワークを発揮。見事な連携プレーを見せるでしょう。また、ペンギンにはボスがいません。リーダーが必要な場合は、持ち回りになります。平等の精神も、A型っぽいです。

■B型……チンパンジー
 マイペースなB型を動物にたとえると「チンパンジー」です。動物園の中でも、いつも落ち着きのないチンパンジー。檻の中をぐるぐる回ったり、喜怒哀楽も激しいでしょう。さらに、チンパンジーは好奇心旺盛。目新しいオモチャがあると、恐る恐る近づいて、触ろうとします。個体差がはっきりしている点も、B型に似ているはずです。

■O型……パンダ
 おおらかで、楽観的なO型。動物にたとえるなら動物園の人気者「パンダ」です。人の輪の中心にいて、ワイワイ楽しむのが好きなO型。のほほんとした姿が愛らしいパンダも、多くの観客を呼びこむ力があります。また、1日のほとんどの時間、笹を食べている食いしん坊。その姿は、食べることが大好きなO型を彷彿とさせるでしょう。

■AB型……ハシビロコウ
 つかみどころのない、ミステリアスなAB型。動物にたとえると「ハシビロコウ」です。鋭い目つきで、周囲を見渡す孤高の姿。気軽に人を寄せ付けないAB型を思わせます、ハシビロコウ。また、単独行動が好きで、縄張り意識が強いのも特徴です。風になびく頭の毛も、どこかオシャレ。品格を感じさせるAB型のようです。

 動物といっても、さまざまな習性を持っています。どの動物たちも魅力があって、見ていて飽きません。とくに、自分に似ている動物たちを見ていると、親しみをおぼえるはずです。
(金森藍加)※画像出典/shutterstock