▽アル・ヒラルは20日、ブラジル人MFカルロス・エドゥアルドの負傷を発表した。手術をうけるためにブラジルに帰国するとのことだ。

▽クラブの発表によると、カルロス・エドゥアルドは前十字じん帯断裂と診断されたとのこと。レネ・アブダラ医師の手術をうけるため、ブラジルに帰国することが決定したという。

▽カルロス・エドゥアルドは、18日に行われた浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝1stレグに先発出場。しかし、試合中に守備をした際に負傷。一度はピッチに戻るも、18分にナワフ・アルアビドと交代していた。

▽今シーズンのACLでは、10ゴールを記録しているオマル・ハルビンに次いで、7ゴールを奪っていたカルロス・エドゥアルド。アウェイでの2ndレグで突破を目指すアル・ヒラルにとっては、大きな痛手となりそうだ。