画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Amazon.co.jpは11月21日、オンラインストレージサービス「Amazon Drive」の容量無制限プラン「Unlimitedストレージ」の提供終了を発表した。現行のUnlimitedストレージ」ユーザーは、契約期間が終了するまで利用できるが、その後は容量制限のあるプランに移行する必要がある。

Unlimitedストレージは、年額13,800円で写真や動画、ドキュメント、音楽などのファイルを容量無制限で保存可能なオンラインストレージサービス。2016年7月から日本で提供を開始していたが、1年4カ月での終了となる。

Unlimitedストレージの契約期間が終了すると、自動更新を設定し、

かつ1TB未満のデータを保存しているユーザーの場合は、容量1TBの有料プランに自動的に移行となる。一方で、自動更新を設定していない、あるいは1TB以上のデータを保存しているユーザーはあらためて容量制限のあるプランに切り替える必要がある。

契約期間終了時に、保存されているファイルがユーザーの利用できる容量を超えていた場合、180日以内に新しいプランに契約しなおすか、容量内に収まるようにデータを削除しなければならない。180日を過ぎてデータ超過状態だと、新しくアップロードされたファイルから削除される。

なお、Unlimitedストレージの契約期間中でも、新しいプランへの切り替えは可能で、すでに支払い済みの料金から残存する期間分が返金されるという。

また、プライム会員向けのフォトストレージサービス「プライム・フォト」は引き続き提供され、カメラやスマートフォンで撮影した写真を容量無制限で保存できる。写真以外のファイルも保存できる5GBの無料ストレージもそのまま利用できる。このほか、Fireタブレットのストレージにも変更はないとしている。

Amazonは、米国でも2017年6月に同様のサービスである「Unlimited Everythingプラン」を終了している。