「U-FES.2017」の様子

写真拡大

2017年11月18日(土)にパシフィコ横浜国立大ホールにて「U-FES.2017」が開催されました。

【HIKAKINにフィッシャーズ…10代ライターが「U-FES.2017」で目撃したすべての画像・動画をすべて見る】

社会現象にもなっている今最もホットなコンテンツ「YouTuber」を抱える最大手である事務所・UUUM主催のフェスということで、雨天にも関わらず多くのYouTubeファンが、クリエイターをひと目見ようと会場に足を運んでいました。

企業によるブースなども出展されていた「U-FES.2017」ですが、見どころはやはり音楽ライブ

UUUMに所属しているクリエイターによる音楽活動が活発に行われていたため、彼らのステージパフォーマンスに期待を高めていました。

YouTuberやファンと同世代の10代である筆者が、その日目撃したステージショー、音楽ライブを行なったRED STAGE午後の部の様子をお伝えしたいと思います

来場者写真:Diora ライブステージ写真:(C)UUUM/TOKYO MX

1000万円をかけた動画コンテスト

1階から3階まである広いライブ会場は、開演前から満員。会場のライトが消え、お客さん1人1人の期待が高まっていくのが伝わってきます。

いよいよ開演、アバンティーズおるたなChannelカリスマブラザーズの順にステージへ登場。フィッシャーズHIKAKINさんといったUUUMの中心的クリエイターも出揃い、午後の部出演者全員が壇上に上がると、黄色い声援が会場を包みます。

司会の佐々木あさひさんとおるたなChannelの呼びかけで、拳を突き上げて「I LOVE U-FES」と大きくコール&レスポンス。お客さんとクリエイターの距離が一気に縮まり、RED STAGE午後の部が開幕しました。

プログラムの最初は、クリエイターによる動画コンテスト「UUU-1 Battle!」。特別審査員にカズチャンネルのカズさん、ジェットダイスケさん、HIKAKINさんを迎え、会場のお客さんの投票も審査に関わる参加型で行われました。グランプリ賞金は、なんと動画制作支援金1000万円!!

午後の部は「シェアしたくなる動画」をテーマに、おるたなChannel、水溜りボンド、カリスマブラザーズ、かわにしみき、関根理紗、マックスベット、プリッとChannelの7組が集まり競い合いました。

エントリーされた動画タイトルはこちら。

おるたなChannel「大好きなYouTuberが家で勝手に撮影してたら、ないとーはどうするのか?」
プリッとChannel「UUUMから皆さんへ。」
水溜りボンド「この1分のためだけに100キロマラソンしてみた」
マックスベット「3分でシェアしたくなる動画を本気で考えてみた。」
かわにしみき「あなたの本当に大切なものはなんですか?」
関根理紗「世界最速30秒でメイク。」
カリスマブラザーズ「愛」UUU-1 Battle!「シェアしたくなる動画部門」エントリー作品