画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天証券は11月21日、国内株式の現物・信用取引における「超割コース」の手数料(税別)を、2017年12月25日約定分より引き下げると発表した。

○「超割コース」の手数料を引き下げ

現物取引の手数料については、1回の取引金額が5万円までの場合は従来の139円から50円、10万円までは139円から90円、20万円までは185円から105円、50万円までは272円から250円に、それぞれ引き下げる。

信用取引については、従来は一律360円としていた手数料を、1回の取引金額が10万円までは90円、20万円までは135円、50万円までは180円、50万円超は350円とする。

また「超割コース」で取引している利用者が、「大口優遇」判定条件を達成すると手数料が割引となるが、今回の手数料変更により、「大口優遇」の手数料についても引き下げを実施。1回の取引金額が10万円までは無料、20万円までは100円とする(20万円超は変更なし)。なお、信用取引については、引き続き、取引金額にかかわらず無料で取引できる。