恋愛研究家の六波羅ナオトです。

先日、弁護士とのW不倫報道で離党を余儀なくされた山尾志桜里衆議院議員が、選挙戦を勝ち抜き、不倫相手とウワサされる弁護士を自身の政策顧問に起用したことが話題になりました。世論は山尾バッシング一色に染まり、「非常識だ」「政治家としての資質を疑う」などなど罵声が飛び交う中、山尾議員は自身のスタンスを変えることはありませんでした。

不倫することと仕事の能力は混同してはいけない

筆者は恋愛研究家として、山尾議員の行動を支持したいと思います。まず、山尾議員の不倫報道は、あくまでも疑惑であって確証もないまま騒動だけが大きくなった経緯があります。世論としては、不倫の事実があろうがなかろうが、世間を騒がせた相手を平気な顔して側近におくという行動はいかがなものか、ということではありますが、仮に山尾議員の不倫が真実だったとしても、彼女の政治活動とは無関係。信頼のおけるパートナーと一緒に良い政治をしてくれれば、我々、民衆としては文句ないはず。

とあるタレント弁護士がテレビで「議員をお辞めになったほうがいいのでは?」と発言したらしいですが、これは全くの的ハズレ。もし議員として不適格と思うのであれば、選挙で支持しなければいいだけ。不倫疑惑が表沙汰になったあとの選挙で一定の支持を集めて当選したということは、筆者と同じように不倫はともかく、政治家として能力を発揮するのが大切と考える人が多かったのでしょう。

もし山尾議員の不倫が事実だったとして、そのことを責めることができるのは、双方の配偶者や子供などの当事者だけでしょう。肉親にとっては、自分の生活を一変してしまう出来事だけに、文句の1つも言いたくなって当然です。また、山尾議員は公人という側面もあるため、失職しようものなら、秘書や支援者、また事務所スタッフや党員など、多くの人の生活にも影響を及ぼすため、ある意味、当事者と言えます。

しかし、前述のタレント弁護士などは、当事者どころか全くの外野。国会議員は公人だから国民の1人としては当事者でしょう、というのは詭弁です。仮に山尾議員が政治活動において不正なことをして、国民に損害があれば話は別ですが、不倫をしていたとしても政治家としての仕事をきちんとやっていれば、「国民の1人」というのを楯にバッシングなどできないはず。公人と言えどプライベートは存在しますし、不倫はプライベートの一部です。

不倫を肯定するわけではありませんが、不倫と仕事に対する能力を混同してバッシングすることには、甚だ疑問です。

また、勘違いしないで欲しいのは、筆者としては山尾議員の政治家としての能力を批評しているのではありません。この記事は政治的な何かを語る場ではないからです。あくまでも不倫をバッシングすることについて言及しようと思っています。

有名人だからこそ叩かれまくる不倫

議員に限らず、古くから有名人の不倫については大きく報道され、世論から叩かれる宿命でした。最近では、一連の不倫騒動の火付け役とも言えるベッキーさんのゲス不倫。こちらも世間を大きく賑わせました。その昔、「不倫は文化だ」と豪語したタレントが世の中の女性から非難を浴びましたが、ネット全盛の現代では、SNSでのやり取りが赤裸々に公開され、非難や感想などもSNSを介して、より多くの人が発言者となる世の中。

しかし、SNSで非難している人のほとんどが当事者ではない人。ベッキーさんの騒動であれば、2人を責めることができるのは、川谷さんの元妻ぐらいでしょう。もちろん、両家の家族や、知人など影響を与えた人もいると思いますが、当人たちは既に大人の男女なので、親や知人が出てくるのも違うと言えます。

ただし、お2人はタレントというイメージをウリにした職業のため、所属事務所のスタッフやスポンサー、テレビ関係者など利害をともにするビジネスパートナーが多く存在し、彼らが「プライベートのことなので」といって、身勝手な行動をとった結果、多くの損害が発生したとなれば、それらの人々も当事者と言えなくもない。

しかし、マスメディアやSNSで面白おかしく騒ぎ立ている人は、間違いなく部外者であり、他人の不倫を責めることができる人ではないことは断言できます。

不倫をした人を責める権利があるのは、その配偶者と家族。赤の他人が何か言っても、その人の人生に関わる気がないのなら無意味で無責任なだけ。

その2では、不倫がバレてしまい周囲からバッシングを浴びた一般人の実例を紹介しながら、もう少し掘り下げてみたいと思います。一般人でも叩かれる!赤の他人の無責任な糾弾の怖さに震える……〜その2〜に続きます。