愛媛、間瀬秀一監督の続投を発表「決意新たに全力で指揮を執る」

写真拡大

 愛媛FCは21日、間瀬秀一監督が2018シーズンも引き続き指揮を執ることを発表した。

 現在44歳の間瀬監督は、選手時代にアメリカやメキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、クロアチアなどの2部、3部リーグでプレー。英語をはじめ、クロアチア語、スペイン語、ポルトガル語をマスターしており、ジェフユナイテッド千葉でイビチャ・オシム元監督の通訳を務めた経験も持っている。

 ブラウブリッツ秋田の監督を経て、今季から愛媛の指揮官に就任していた。

 続投決定を受け、間瀬監督は「愛媛FCがより多くのファン・サポーターのみなさんから応援していただけるクラブとなるよう、決意新たに全力で指揮を執らせていただきます。来季もよろしくお願いします」とコメントを発表した。

 愛媛は今季の明治安田生命J2リーグで14勝9分19敗の勝ち点「51」、15位でシーズンを終えている。