この笑顔に選手も心を開いてしまう(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 男子では羽生結弦(22)が9日に行なわれたNHK杯をケガで欠場、女子ではケガから11か月ぶりの復帰を果たした宮原知子(19)が同大会でジャンプにミスが出て5位に終わるなど活気がないフィギュア界。そんななか、“期待の新星”として再注目を浴びているのが、今年4月に引退したはずの村上佳菜子(23)である。

「11月14日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した村上は、『(スケート靴の)紐をきつく締めると、男の人みたいに毛が生えてくる』といったコメントでスタジオを爆笑させていました。テレビ業界は今、『村上佳菜子は逸材だ』と色めき立っている」(キー局プロデューサー)

 村上に熱視線を送るのはバラエティ番組だけではない。2014年ソチ五輪の日本代表で、同年の四大陸選手権で優勝、“(浅田)真央二世”と呼ばれたほどの実績の持ち主だけに、解説者としての期待も大きい。

「選手に対する“取材力”がすごい。引退したばかりで現役選手と年齢が近く、男女関係なく、村上には友達感覚でいろいろと喋ってしまうようです。フィギュア界で誰と誰が付き合っているかも詳しいみたいです。

 普通、選手は自分の出番前に他の選手の演技を見ないものですが、2010年の3月にオランダで行なわれた世界選手権で村上は他の選手の演技に見入ってしまい涙。そんな無邪気さをもっているから相手も心を開いてしまうのでしょう」(スケート連盟関係者)

 フィギュアスケート解説者の渡部絵美氏も、村上に大きな期待を寄せる。

「女子マラソンでは、増田明美さんが選手のプライベート情報も含めた“詳しすぎる解説”が中継を盛り上げています。それと同じように、村上さんも選手の個性が見えてくるような情報を発信できる。冷静で的確な解説・レポートに定評がある荒川静香さんや鈴木明子さんとは違ったタイプの解説者になってもらいたい。

 村上さんは、“真央二世”と呼ばれながら、ケガやスランプに苦しんできた。取材者としてそうした辛い経験を若い選手に伝えることは、女子フィギュアの強化にも繋がると思います」

 フィギュア版“詳しすぎる解説”が楽しみ。

※週刊ポスト2017年12月1日号