京都、大西勇輝と契約満了を発表「様々な経験をさせていただいた」

写真拡大

 京都サンガF.C.は21日、奈良クラブ(JFL)に育成型期限付き移籍中のDF大西勇輝の契約満了を発表した。

 大西は1996年生まれの21歳。京都サンガF.C.の下部組織出身で、2015年にトップチームに昇格した。2016シーズンからは奈良クラブに期限付き移籍をすると、9試合に出場し、1ゴールを記録。今シーズンは、5試合に出場している。

 契約満了にあたり、大西は以下のようにコメントしている。

「今シーズンをもちまして京都サンガF.C.を退団することになりました。中学からの9年間で様々な経験をさせていただいたことに感謝しています。プロとしてチームに貢献できなかったこと、そして、サポーターの皆さんに喜びや感動を与えることができなかったことは心残りであり、本当に悔しく思います」

「ただこの悔しさと苦しさしかなかった3年間は必ずこれからの人生の糧になると思いますし、まだ咲いてない花を咲かせる材料にしようと思います。そしていつの日か、誰がみても良い選手と思われる選手に成り上がっていこうと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。今までありがとうございました。」