アルヒラルのカルロス・エドゥアルドは浦和との決勝第2戦を欠場する見込み

写真拡大

 アルヒラル(サウジアラビア)は20日、MFカルロス・エドゥアルドが膝の前十字靱帯断裂と診断されたことを公式ツイッター(@Alhilal_EN)で発表した。同選手はリヤドに戻り、ブラジルで手術を受けるという。これにより、25日に埼玉スタジアムで開催されるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦・浦和レッズ戦を欠場する見込みだ。

 18日、アルヒラルはACL決勝第1戦で浦和をホームに迎えた。先発出場したエドゥアルドは、0-1の前半19分に負傷によりMFナワフ・アルアビドとの交代を余儀なくされた。試合は前半37分に追いついて1-1で引き分けに終わった。

 エドゥアルドはアルヒラルの前線のキープレイヤーであり、準々決勝第2戦アルアイン戦ではハットトリックを達成するなど、今季ACLで7ゴールを挙げていた。


●ACL2017特設ページ