浦和は一致団結してアジア王者奪還を狙う

写真拡大

 浦和レッズは21日、ブラジル人のFWラファエル・シルバとDFマウリシオなどのインスタグラムに人種差別的なコメントが相次いで投稿されたことを受け、「AFC(アジアサッカー連盟)に事実を報告した」と発表した。

 19日、浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦でアルヒラル(サウジアラビア)のホームに乗り込み、1-1で引き分けた。この試合で先制点を挙げたのが、R・シルバだった。

 試合直後からR・シルバのインスタグラムにサルやバナナ、中指を立てる絵文字といった差別的なコメントが相次いで投稿されていた。これを受けてR・シルバは、「この世界にまだ差別主義者がいることを悲しんでいます。私は私の肌に誇りを持っています」とメッセージを発信した。

 また、浦和は人種差別があった事実をAFCに報告。「2014年に差別撲滅に向けた行動計画『ZERO TOLERANCE(絶対許さない)』を策定し、クラブ内はもちろん、ホームゲーム時のスタジアムやホームタウン内の学校において、啓発活動を軸に取り組んでいます。今後も差別を断固として許さないというFIFA(国際サッカー連盟)をはじめとするサッカーファミリー全体の方針に共鳴しながら、この取り組みを推進してまいります。そして、サッカーや世界から差別がなくなるよう努めて参ります」と声明を発表している。

 浦和は25日に本拠地・埼玉スタジアムで決勝第2戦を控えている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ