今月8日、韓国の国会で演説するトランプ米大統領=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が21日、論説でトランプ米大統領の韓国での国会演説を強く非難し、あらためて米国に強硬な態度を示した。

 トランプ大統領は8日に韓国国会で行った演説で金正恩(キム・ジョンウン)体制の人権侵害などを強く批判し、「朝鮮半島に来たのは北朝鮮の独裁体制の指導者に直接的なメッセージを伝えるためだ」と、金正恩労働党委員長を名指しして非核化などを求めた。

 これに対し労働新聞は「われわれの最高尊厳(金委員長)と社会主義制度を悪辣(あくらつ)に中傷冒涜(ぼうとく)し、わが人民の尊厳高き暮らしを中傷する罪悪を絶対に看過することはできない」とした上で「トランプは共和国の法に従って最高の極刑に処さねばならない」と主張した。

 今回の論説は米国が北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定すると表明した日に発表されたが、これに対する直接的な反応ではない。しかし、北朝鮮はトランプ大統領の演説に含まれた体制批判など、米国の態度に激しく反発しており、今回のテロ支援国家の再指定に対しても米国の敵視政策が再確認されたとして強硬な対応を取る可能性がある。