Apple Pay対応開始にあわせ、キャンペーンもスタート

写真拡大

 NTTドコモは11月20日、12歳以上なら誰でも申し込めるプリペイドカード「dカード プリペイド」がAppleのモバイル決済サービス「Apple Pay」に対応したと発表した。

 事前にiPhone/iPadのWalletアプリで、手元にある「dカード プリペイド」のカード情報を読み込むと、対応端末を利用して、全国の「iD」加盟店で決済できる。店舗での利用方法は機種によって異なり、iPhone 7/7 Plus、iPhone 8/8 Plusではホームボタン(Touch ID)に指を載せたまま、iPhone Xでは、サイドボタンを2回押し、iPhone X本体に視線を向けて「Face ID」で認証後、Apple Watch Series 2以降は、サイドボタンをダブルクリックしてから、それぞれ店舗の読み取り機にかざす。

 Apple Payに対応したアプリやオンラインショップの決済にも利用でき、iPhone、Apple Watchに設定した「Suica」のチャージにも使える。端末をなくした場合は「iPhoneを探す」機能で「紛失モード」に設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できるので、カードより安全性が高いといえる。

 「dカード プリペイド」はドコモと三井住友カードが提携し、2016年11月から開始した前払い方式の決済サービス。全国のiD加盟店と国内外のMastercard加盟店の支払いに利用できる決済機能と、共通ポイントサービス「dポイント」が貯まるdポイントカードの機能を1枚のカードに統合した。年間費・発行手数料は無料。チャージ方法は、電話料金合算払いやローソン店舗での現金払いなど。残高・利用履歴は専用Webサイトで確認できる。

 税込200円の支払いにつき、1ポイントのdポイントが貯まる。また、dポイント加盟店では、カードを提示するだけで100円ごとに1ポイント貯まる。

 Apple Payに「dカード プリペイド」を設定すると、カード利用時と同様、200円の支払いにつき、1ポイント貯まる。Apple Pay対応開始を記念して、18年1月31日までに「dカード プリペイド」に新たに入会し、キャンペーン対象機種にApple Payを設定した全員に1000円分をプリペイド残高にチャージする。また、既存ユーザーを含め、18年2月28日までにApple Payで500円以上支払うと、500円分をプリペイド残高にチャージする。