@AUTOCAR

写真拡大 (全17枚)

text:Motohiro Yamazaki(山崎元裕) photo:Hidenori Hanamura (花村英典)[PR企画]

もくじ

プロローグ
ー セカンド・センチュリー・プラン」の新型

試乗記
ー V12とV8 違いを感じるシチュエーションとは
ー V8の恩恵 ステアリング操作で感じられる

外装
ー 外装 V12とV8 違うところとは?

内装
ー 機能面が大きく変化 仕上げは一流

パワートレイン
ー 注目のV8エンジン こまかく観察

装備
ー 機能はメルセデスのいいところどり

シャシー
ー シャシーはDB11 V8のための専用チューン

スペック
ー アストンDB11 V8 スペックをおさらい

プロローグ

セカンド・センチュリー・プラン」の新型

創業から、すでに100年以上もの歴史を刻むに至ったアストン マーティンは今、それに続くセカンド・センチュリーを、いかに魅力的なものにするのかを目的とした、「セカンド・センチュリー・プラン」を進行中だ。

その第1弾モデルとして誕生したのが、アストン マーティンにとっては最も価値ある、「DB」の称号を掲げる「DB11」。そのDB11のラインナップに、先日追加されたV8モデルを今回はレポートする。

V8モデルが登場したことで、DB11ではV12とV8のチョイスが可能になった。アストン マーティンからは、さらにオープン仕様の「DB11ヴォランテ」も発表されているが、こちらはまずV8モデルのみが登場。それはDB11のセールスにおいて、V8モデルが今後、いかに重要な役割を果たしていくのかの表れともいえる。

DB11のV8モデルに搭載されるエンジンは、メルセデス-AMG社との技術提携によって採用されたもので、ベースはもちろん同社製の4ℓ版V型8気筒ツインターボエンジンだ。

ツインターボのシステム一式を、Vバンク間のスペースに搭載する「ホットインサイドV」のレイアウトを継承し、エンジン全体をコンパクトな設計としていることなどは、メルセデス-AMGによるエンジニアリングだが、アストン マーティンはさらにエアボックスのデザインやサイズ、エグゾーストシステム、ECUのプログラミング、さらにはウエットサンプの潤滑システムなどを独自に開発。

最高出力と最大トルクのスペックは、それぞれ510ps、68.8kg-mと発表されている。組み合わされるトルクコンバーター式の8速ATをリアに搭載したことで、49:51という理想的な前後重量配分が実現されたことも、見逃すことのできないポイントだ。

試乗記

V12とV8 違いを感じるシチュエーションとは

実際にDB11に対面すると、誰もがその美しさに一瞬言葉を失ってしまうだろう。エクステリアデザインからまず感じるのは、アストン マーティンがセカンド・センチュリーに歩を進めたことを象徴するかのような斬新さだが、冷静にデザインの成り立ちを検証すると、そこにはアストン マーティンの伝統的な造形美の演出というものが見えてくる。

つまりDB11のデザインには伝統と革新が共存しているわけだ。ちなみにV8モデルは、ボンネットのデザインやダークヘッドランプベゼル、そしてこちらも専用デザインとなるホイールなどで、V12モデルとの識別が可能。

テールエンドにはいつしか、ウイングバッジのほかに「ASTON MARTIN」のエンブレムも備えられるようになった。

まさに高級感の極みともいえる2+2デザインのキャビンに身を委ねて、さっそくV8モデルの走りを楽しむことにする。

前で紹介したV8エンジンのスペックは、V12モデルに対しては98ps&2.5kg-mのハンデがあるが、逆にV8モデルの1760kgというウエイトは、115kgほど軽量な数字。

アクセルペダルを踏み込んでいくと、確かに低速域でのトルク感にこそ、排気量の差は感じられるものの、その加速感には数字ほどの違いは表れていないなと直感的に思えた。

V8とV12というエンジンの違いが、最もダイレクトに感じられたのは、ワインディングロードにノーズが向いた後だった。

アストン マーティンによれば、V8モデルではシャシーにも独自のチューニングが施されており、実際には可変式ダンパーはその制御の幅をさらに拡大。スタビライザーやブッシュ類、パワーステアリングの制御、ブレーキのストローク量なども、V8モデルのために見直されたという。

その効果が十分すぎるほどに表れたのが、コーナリングでの動きだ。

V8の恩恵 ステアリング操作で感じられる

とりわけステアリングの動きに対する正確な反応は印象的で、さらにステアリングホール上のスイッチで、セッティングを「GT」から「S」、さらには「S+」と変化させていくと(DB11ではシャシーとパワートレインで、各々独立してこのモード選択ができる)、コーナリングはさらに鋭く、そしてマン・マシンの一体感もより強まってくる。

ワインディングで、そのナチュラルで魅力的なコーナリングを十分に楽しんだ後は、ハイウエイでのクルージングを試してみた。

GTとして生を受けたDB11にとって、高速でのクルージングは、まさにその真価が問われるシチュエーション。ここでまず驚かされたのは、優れたエアロダイナミクスが生み出すスタビリティの高さ。

Cピラーのベース部分からエアを導入し、テールエンドのスリットからそれを排出。同時にコンパクトな可変式リアウイングでダウンフォースを生み出すシステムをDB11は採用しているが、その控えめなシステムでこれだけの安定感を感じさせるのは、流麗なボディーフォルムがデザインのみならず、確実な機能性を持つものであることの証明ともいえる。

V8モデルが誕生したことで、DB11シリーズはさらにハイパフォーマンスGTの市場で、その存在感を強めていくのは確かだ。

このDB11に続いて続々と発表されるだろう、新世代のヴァンテージやヴァンキッシュといった、セカンド・センチュリー・プランによる次なるニューモデルが、早くも楽しみになってきた。

外装

外装 V12とV8 違うところとは?

エクステリアとインテリアのデザインは、基本的には先行して登場したV12モデルのそれに共通だ。

ただしエクステリアでは、エアベントが左右一対のみのデザインとなるボンネットや、ダークヘッドランプベゼル、そして専用デザインのホイールなどで、V8モデルに独自の個性が主張されている。

Cピラーのボトム部からエアを導入し、それをテールエンドの可変式リアスポイラーへと導くシステムもV12モデルと共通だ。

内装

機能面が大きく変化 仕上げは一流

インテリアでは、やはりメルセデス-AMG、そしてメルセデス・ベンツとの密接な関係を象徴するかのような、最新世代のインフォテインメントシステム、そしてその操作システムが注目される。

インテリアのフィニッシュは、もちろんカスタマー自身によってあらゆる仕様へとアレンジすることが可能。リアにはプラス2シートが装備されるが、居住スペースは残念ながらミニマムだ。

パワートレイン

注目のV8エンジン こまかく観察

メルセデス-AMG製の4ℓ版V型8気筒ツインターボエンジンをベースに、アストン マーティン自身がDB11にそれを搭載するために、さらなるチューニングを施したもの。V8エンジンの成り立ちを簡単に解説するのならば、このような表現が適切だろう。

実際には吸排気システムやECU、そして潤滑システムなどが、アストン マーティンが独自に設計した部分ということになる。ちなみに潤滑システムはウエットサンプで、実際にエンジンの単体モデルを見ると、オイルパンなどの設計は非常にコンパクトンなものであることが分かる。

エンジンの搭載高はV12もV8も完全に同一。前後左右のサイズがさらにコンパクトになるV8エンジンは、それだけでも走りをより魅力的なものにしてくれる。

510psの最高出力、そして68.8kg-mの最大トルクは、V12比では98ps、2.5kg-mのハンデという結果になるが、車重が115kg軽く仕上がっていることは、逆にV8モデルのアドバンテージとなっている。

注目の0-100km/h加速、そして最高速は、それぞれ4.1秒、300km/hという数字だ。

装備

機能はメルセデスのいいところどり

前作のDB9と同様に、DB11のキャビンもセンターコンソールによって、完全に左右に二分されるデザインだ。

このセンターコンソールの上部にレイアウトされるインフォテインメントシステムは、現在のアストン マーティンが、メルセデス-AMGやメルセデス・ベンツと密接な関係にあることを象徴するもの。

タッチパネルとロータリースイッチの組み合わせによる操作系も、メルセデス・ベンツのカスタマーにはお馴染みのスタイルだろう。

メーターパネルは、走行モードのチョイスによって、カラー・コーディネイトが変化する。これまでの逆回転式のタコメーターや、クリスタルキーのスロットなどが廃止されてしまったのは残念だが、機能性は確実に高められているのが分かる。

オーディオなどの装備類も、もちろん世界のハイエンドを極めたもの。走行中のキャビンは、常にラグジュアリーで快適な空間に保たれる。

シャシー

シャシーはDB11 V8のための専用チューン

V8モデルのために、アストン マーティンは専用チューニングのシャシーを与えてきた。実際には制御の幅がより広くなった可変式のダンパーやスタビライザー、ブッシュ類、ジオメトリー設定、パワーステアリングやブレーキのセッティング等々が、V12モデルとの相違点。

アストン マーティンがDB11のV8モデルで追求したものは、もちろんGTであると同時に、ハンドリングなどのドライビング・ファンを、より明確にカスタマーへと提供すること。

その意味ではV8モデルは「スポーツGT」とでも称するべきモデルなのかもしれない。実際にV8モデルはもちろん、V12モデルでもその走りの中で最も強く感じるのは、アルミニウムなどの軽量素材を効率的に使用して製作された、ボディーの基本構造が持つ強靭さ。

その快適な乗り心地も、コーナリング時のナチュラルでスポーティーな動きも、そのすべての魅力は、ここにその理由があるといってもよい。

アストンDB11 V8 スペックをおさらい

車名アストン マーティンDB11 V8
エンジン V型8気筒3982ccツインターボ 
ステアリング ラック&ピニオン 
全長 4750mm 
全幅 1950mm 
全高 1290mm 
ホイールベース 2805mm 
車両重量 1760kg 
最高出力 510ps/6000rpm 
最大トルク 70.9kg-m/2000-5000rpm 
燃料タンク容量 78ℓ 

アストン マーティン正規ディーラー・ネットワーク

アストン マーティン東京
〒107-0061  東京都港区北青山1-2-3
TEL:03-5410-0070

アストン マーティン名古屋八光
〒460-0007 名古屋市中区新栄2-44-20
TEL:052-242-0888

アストン マーティン大阪八光
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷1-9-22
TEL:06-4392-1085

アストン マーティン広島
〒734-0037  広島市南区霞2-7-5
TEL:082-255-0070

アストン マーティン福岡
〒812-0063  福岡県福岡市東区原田4丁目30-8
TEL:092-611-6888

アストン マーティン ジャパン
http://www.astonmartin.com/ja