SNS映え!「ロータスビスケット」で簡単!「ロゴ見せスイーツ」を作ろう!

写真拡大 (全7枚)

香ばしいカラメルの香りとほんのりシナモン風味、赤いパッケージでおなじみの「ロータスビスケット」。世界中のホテルやカフェでコーヒーや紅茶のお供に愛されているベストセラースイーツで、ビスケットにデザインされた「Lotus」のロゴも可愛い!みなさんも一度は口にしたこと、ありますよね。今回はそのビジュアルを活かした、ロータスビスケットで作る簡単おやつのご紹介です。

元記事を見る>>

コーヒーや紅茶のおともにぴったり!「ロータスビスケット」


定番の赤いパッケージに包まれたロータスビスケット。おなじみのこちらのフレーバーは、「オリジナルカラメルビスケット」というそうです。コーヒーの隣がベストポジション、おうちに常備している方も多いのではないでしょうか?今回はこのビスケットを使って、誰かに見せたくなる「ロゴ見せスイーツ」を作りましょう!

バターなし!ぐるぐる混ぜるだけの「簡単ロータスマドレーヌ」


材料を泡立て器で順番に混ぜていくだけでできてしまう簡単マドレーヌです。使う道具は泡立て器とボウルだけ。あっという間にオーブンに入れられます。焼き時間は30分ほどかかるのでその間にお茶の準備をしていてもいいですよね。

ぐるぐる混ぜるだけ♪「簡単ロータスマドレーヌ」レシピ


材料)マドレーヌ9個分
【生地】
薄力粉…150g
ベーキングパウダー…小さじ2/3
グラニュー糖…100g
卵…2個
牛乳…100cc
太白ごま油(なければサラダ油で代用OK)…100cc
バニラオイル(なくてもOK)
【トッピング】
ロータスビスケット…9個
チョコチップ…お好み
ローストアーモンドダイス…お好み

作り方)
1.ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを入れて、泡立て器でぐるぐるかき混ぜる。(混ぜることで粉をふるう代わりになります)
2.さらにグラニュー糖を加えてまたぐるぐる混ぜる。
3.真ん中にくぼみをあけて、そこに卵・牛乳・太白ごま油を入れて粉気がなくなるまで泡立て器でぐるぐる混ぜる。(バニラオイルもここで入れます)
4.型に生地を流し込み、上にロータスをのせて少しだけ軽くおさえる。まわりにチョコチップやローストアーモンドダイスをのせる。
5.160度に予熱したオーブンで30分焼く、(今回はガスオーブンを使用、電気オーブンなら170度がオススメ)

※紙型は100均(seria)のものを使用しました。9僂15個入りマドレーヌ型です。
※オーブンの温度はご家庭のオーブンで調節してくださいね。
※焼きたてもおいしいですが一日おいた方が生地がなじんでオススメです。

生地を入れてロータスビスケットをのせたところ。


まわりにチョコチップやローストアーモンドダイスをトッピングするとこんな感じに。

のせてレンチン40秒♪「ロータスチョコサンド」


ロータスを裏返して、その枠より小さく割った板チョコをおきます。耐熱のお皿にのせてラップをせずに500wでレンチン40秒。もう一枚のロータスをロゴが見えるように上にのせて軽く押さえます。そのまま冷蔵庫で約20分程度冷やせばできあがり!市販の板チョコのミルクとホワイトを使って2種類作ってみました。


板チョコをのせるとこんな感じになります。あとはチンして挟んで、冷蔵庫で冷やすだけ。少ししっとりしたクッキーと、パリパリのチョコレートの歯ざわりが楽しいんです!

そのまま食べてもおいしいロータスビスケットですが、こうやって簡単なアレンジでおいしいスイーツに早変わり。ほどよい甘さでクリームやチョコレートなどと相性バツグンですので、いろいろ試してみてくださいね。