ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

王者、帝王、妖精…“復活”の今季テニス界を英紙特集、男女ベストマッチ選出

 ATPツアーファイナルはグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)の初優勝で幕を閉じ、2017シーズンの全日程を終了した。これを受け、英紙「デイリー・メール」は今季のテニス界を総括し、男子のベストマッチに1月の全豪オープン決勝のロジャー・フェデラー(スイス)―ラファエル・ナダル(スペイン)を挙げている。

 企画では男女のベストマッチを選出。まず、男子では2017年に復活を遂げた両者の戦いをプレーバック。「全豪オープンで見せたフェデラーとナダルの5セットに渡るスリリングな試合は、このシーズンの動向を決定づけただけでなく、この試合同様に素晴らしいものとなっていくことを証明した」と、グランドスラムを2冠ずつ分け合った2人のレジェンドの見せた攻防を称えた。

 試合は6-4、3-6、6-1、3-6とフェデラーがリードすれば、すぐさまナダルが奪い返す展開。しかし、最後は6-3で最終セットをフェデラーがモノにし、7年ぶりの全豪王者に輝いた。

 3時間37分の死闘を戦い抜き、歴代最多のグランドスラム18勝目を挙げた当時のフェデラー。「4、5か月前は、ここで僕らがファイナルを戦うなんてお互い考えもしなかっただろう。テニスはタフなスポーツ。引き分けが存在しないんだ。でも、もしも、それがあるとするなら、僕は喜んで受け入れたい。ラファと分かち合いたいんだ」と名言を残し、世界に感動を呼んでいた。

シャラポワ復帰で名勝負、男子トップ選手は続々離脱…来季のテニス界はどうなる?

 また、記事では女子3試合を選出。うち2試合は禁止薬物問題による出場停止処分が明けたマリア・シャラポワ(ロシア)絡みだった。

 1つ目は復帰直後の5月のマドリードオープン2回戦、ウージニー・ブシャール(カナダ)に敗れた試合。「彼女はペテン師」と痛烈批判してきた「妖精2世」との対決で話題を呼んだ。2つ目は全米オープン1回戦、第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)をフルセットの末に撃破した試合。ブーイングなど逆風が吹く1年だったが、元世界1位の能力は健在と評価されたようだ。

 今シーズンを振り返るにあたり、アンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、スタン・ワウリンカ(スイス)と負傷離脱者が続出したことにも触れ、「過密日程が討論の対象になり、スケジュール自体にも問題があるが、年齢面がシンプルな要素でなおかつオーバートレーニングもその1つだろう」と記している。

 来季については彼らをはじめ、女子では今年9月に出産したセリーナ・ウィリアムズ(米国)が戦線復帰することを予想。この面々に錦織圭(日清食品)の名がなかったとはいえ、トップオブトップが戻り、フェデラー&ナダルに再び挑む構図は、世界をまたテニス熱で包みそうだ。