@AUTOCAR

写真拡大 (全17枚)

もくじ

どんなクルマ?
ー 「ミニバンにNISMO」という価値観
ー 車内は、レカロ、アルカンターラ
どんな感じ?
ー 専用ボディ補強の効果は?
ー 外観とは裏腹に… NISMOの味つけ
「買い」か?
ー プロパイロット/ハンズフリードア装備 価格を検証

どんなクルマ?

「ミニバンにNISMO」という価値観

このところ日本車では、メーカーによる純正コンプリートカーの展開がひとつのブームだ。トヨタの「GR」やホンダの「モデューロ」、スバルの「STIスポーツ」などがそれにあたり、各モデルともファンの獲得に成功している。ベース車との差別化を図った専用の内外装にくわえ、新車メーカーならではの専用チューニングによる走行性能の向上を実現。もちろん、ベース車同様の高い信頼性と充実の新車保証、そして内容からすると割安に設定されている価格も魅力だ。日産では、モータースポーツ部門である「NISMO」の看板を掲げた「NISMOロードカー」シリーズを展開。これまでにマーチ、ノート、ジューク、フェアレディZ、GT-Rに投入されており、NISMOのモータースポーツ色を反映させた専用の内外装と専用チューニングが施されているのが特徴だ。


今回、紹介するセレナNISMOは、NISMOシリーズ6車種目で、初のミニバンとなる。人気のエアロ仕様「ハイウェイスター(2WD)」をベースに、NISMOロードカーのために開発した様々な専用装備を装着している。まずは、その中身を簡単に紹介しよう。

エクステリアは、ハイウェイスターとは異なるアグレッシブなスタイルの専用エアロパーツを装着し、NISMOであることを強調。前後バンパーも全くデザインの異なる専用品が奢られる。特徴的なのが、NISMOのアイコンカラーであるレッドアクセントがボディ下部にくわえられ、スポーティさを強調したこと。さらにリアスポイラーやブラックドアミラー、ブラックアルミホイールなどの専用品を装着している。
 

車内は、レカロ、アルカンターラ


ブラックを基本としたインテリアにも、レッドをアクセントとして取り入れ、差別化。スポーティさにくわえ、上質さの演出にも拘った。例えば、ステアリング形状こそベース車と同じだが、本革とアルカンターラ巻きの専用仕上げに。シートも表皮をスエード調生地とした。インテリアの目玉アイテムは、メーカーオプション設定されるレカロ製フロントスポーツシートだ。セレナ向けに専用チューニングを施したもので、セミバケット形状ながら、乗降性を犠牲にしていないのがポイントだ。


メカニズムのハイライトは、足まわりとボディ補強だ。チューニングサスペンションと17インチタイヤの専用の足まわりにくわえ、下まわりに全9種類の15個の専用ボディ補強パーツを追加することでボディ剛性を向上。さらに電動パワーステアリングにも専用チューニングを施すなどし、シャープでリニアなハンドリング、優れた高速安定性と上質な乗り心地を実現しているという。またマイルドハイブリッドであるパワーユニット本体に手はくわわっておらず、性能はベース車と同等。ただし、専用チューニングコンピューターと専用スポーツチューンドマフラーにより、心地よい加速フィールを与えた。
 

どんな感じ?

専用ボディ補強の効果は?


結論からいえば、「NISMOを知ったら、もう普通のセレナには戻れない」、これが正直な感想だ。


以前、ベースとなったセレナに試乗したことがあるが、実用性は一級でも、やはりミニバンの走りは……という印象で、ドライブの楽しみは、かなり希薄だった。しかし、NISMOは、そんなセレナのイメージを見事に払しょく。これなら十分アリと思わせてくれた。


乗り始めてすぐに気づいたのは、ボディの剛性の高さ。ドライバーの操作に対して背高のボディがリニアな反応を見せ、コーナリングや車線変更時は、ロールを抑え、しっかりと追従してくれる。だからといって、乗り心地が犠牲になっているかといえば、然にあらず。むしろ、道路の継ぎ目などのショックも上手にいなしてくれ、快適なのだ。念のため、後席での同乗試乗も体験したが、前席同様に段差のショックも少なく、コーナリング時も必要以上に体が揺すられることはなかった。家族で移動を愉しむというミニバンの本分を忘れることなく、ボディチューニングを入念に行ったと見え、強化したシャシーと背高のボディの動きがしっかりとリンクしていた。
 

外観とは裏腹に… NISMOの味つけ


ミニバンらしからぬユニークなオプションのレカロ製シート(メーカーオプション)は、やはりホールド性抜群。選んで損のないアイテムだ。座面の張り出しを最小に抑えてあるので、乗降性もノーマルシートと変わらないのも良い。ただデザインの主張が強く外からも目立つ。できれば赤黒のツートンではなく、ブラックのモノトーン仕様があると嬉しかった。


ノーマルシートも表皮がスエード調になるので、標準車向けに比べれば、ずっと座面は滑りにくい。またコクピットまわりでは、常に触れるステアリングが、手になじむアルカンターラ巻きとなるのも嬉しいところである。


パワートレインのチューンはコスト面からも基本ノーマルだ。しかし、専用コンピューターにより、CVTでありながら、スムーズな加速を実現しており好印象だった。ただスポーツマフラーはCVT特有の加速時のエンジンの唸りを強調しており、さほどスポーティな演出に繋がっているとも思えず、個人的には蛇足と感じた。


派手な外観とは裏腹に実に大人なチューニングが施してあり、ロングドライブにも最適な仕上がりだ。可能ならばベース車も同様のものであって欲しいと思うほどバランスが良く、スポーツミニバンというよりはGTミニバンと呼びたくなる。なので、内外装をもっとシックにすると、より幅広いニーズが期待できそうだ。
 

「買い」か?

プロパイロット/ハンズフリードア装備 価格を検証


ミニバンを検討しているが、ドライブを楽しみたい。かといって同乗する家族の快適な移動も願う、欲張りな家族思いのパパママには、間違いなく一押しだ。


冷静に価格面から分析すると、正直、ベース車よりは74万円ほど高い。しかしながら、LEDヘッドライト、高速道路同一車線自動運転技術のプロパイロットに代表される先進の安全運転支援機能、ハンズフリーオートスライドドア(両側)などセレナの人気オプションを装着。それにNISMO専用アイテムがくわわるので、実質的な価格差は30万円台に収まるという。もちろん、セレナを買った後、30万円を用意しても、NISMO同等にならないのは言うまでもない。見た目でも特別感がしっかり演出されているので、リセールバリューだって期待できそうだ。ならば実質的価格差は、ほんのわずか。いやひょっとすると得になることもあるかも……。財布の紐が厳しいパートナーを持つ方は、そんな説得材料を必死に並べよう。その努力は、セレナNISMOを手にしたときに、きっと報われる。


乗るまでは、「ミニバンにNISMO」の必要性に懐疑的だった私だが、最後には、セレナこそNISMOが必要だと考えを改めた。今やクルマレスも当たり前。その中でクルマを購入するのだから、誰もが趣味に走れるわけではない。だからといって妥協ばかりで良いのだろうか。どうせ選ぶなら、ミニバンだって、やはり楽しい方が良い。ミニバンでもあきらめない。そんな姿勢は、次の世代のクルマ愛にもつながっていくはずだ。

日産セレナNISMO

■価格 3,419,280円 
■全長×全幅×全高 4805×1740×1850mm 
■最高速度 - 
■0-100km/h加速 - 
■乾燥重量 1720kg 
■エンジン 直列4気筒1997cc 
■エンジン最高出力 150ps/6000rpm 
■エンジン最大トルク 20.4kg-m/4400rpm 
■モーター最高出力 2.6ps 
■モーター最大トルク 4.9kg-m 
■ギアボックス CVT