ラニエリの気持ちは? イタリア代表監督就任オファーは「特別で美しいもの」

写真拡大

▽今シーズンからナントを率いるクラウディオ・ラニエリ監督(66)が取り沙汰されるイタリア代表監督就任に前向きな姿勢を示した。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽60年ぶりにワールドカップ本大会行きを逃したイタリアは、この責任を問う形でジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任。その後、何名かの後任候補が伝えられ、そのうちの1人としてラニエリ監督の名前も浮上している。

▽かつて率いたレスター・シティをプレミアリーグ王者に導いた実績を持つラニエリ監督は、『Domenica Sportiva』のインタビューで、イタリア次期監督就任の噂について、次のようにコメントしている。

「自分の国から監督就任を要請させることは、特別なことで美しいものだ。私にとって、それは誇りの源。だが、まずは私じゃなく、ナントに聞いてみなければならない」

「どうやって立て直すか? 次の欧州選手権に我々の若手を連れて行く必要がある。その中で、彼らに競争の仕方を教えたり、ベストの尽くし方を教えないといけないね」